介護保険を考える

ここでは、老後に必要となる可能性が高い介護保険について  ・介護保険の必要性  ・公的な介護保険  ・民間の介護保険 などの点から見ていきます。

介護は必要?

ここでは、介護がどのくらい必要になるかを統計データを見て、一般的に日本では、現在どのようになっているのかを客観的に確認してみます。このように現状を確認しておく事で、今後、さらに進む高齢化をふまえて、介護が必要になってくるかを、あなた自身でも判断して頂ければと思います。

このホームページで提供している情報が、少しでもあなたのお役に立てると幸いに思います。

公的な介護保険とは

ここでは、公的介護保障とは、どのような物であるかを見ていきます。また、日本では、40歳以上の人は強制的に掛け金を納める仕組みになっていますので、この点についても説明しています。また、この掛け金がどのようにして決められているのかの決め方についても説明しています。

上記以外にも、公的介護サービスには、どのようなサービスがあるのか、また、公的介護サービスを受ける時にどのような事が必要であるか、公的介護サービスを受ける時にどれくらいの金額を自己負担しなければならないかなど、公的介護サービスを受ける時に役に立つ情報を提供しています。

また、介護保険といても、公的介護保障と民間の介護保障があります。この公的な介護保障と民間の介護保障の違いについてもふれています。ここで紹介している公的の介護保障についても説明があなたの老後や介護の為に少しでもお役に立てれば幸いに思います。

民間の介護保険とは

ここでは、民間の介護保障について見ていきます。

もし介護が必要になった場合には、一般的にまず利用するのが公的な介護保障であると思います。この公的な介護保障があれば、心配はいらないのでしょうか。ここでは、公的な介護保障以外に、介護が必要になった時の為に自分で準備を行なっておける民間の介護保障について見ていきます。

ここでは、民間の介護保障について説明していますが、まずは、民間の介護保障がなぜ必要であるのかを確認し、民間の介護保障ではどのような保障が受けられるのかを見ていきます。また、民間の介護保障がどのような条件で保障の適応を受けられるかや、民間の介護保障のポイントについても説明させて頂いています。

また、民間の介護保障と公的な介護保障の違いについても確認しています。ここで紹介している民間の介護保障についても説明があなたの老後や介護の為に少しでもお役に立てれば幸いに思います。