老後の生命保険を考える

ここでは、老後の生命保険について見ていきます。 老後にはどのような保障が必要なのでしょうか?また、必要ないのでしょうか?

現在の生命保険の確認

老後に向けて、生命保険の見直しを行うにあたり、まず知っておかなければならない事は、現在、加入している死亡保障や医療保障などの保障内容を把握しておく必要があります。ここでは、現状の加入内容を整理して、再確認する作業を簡単に行なえるように、記入用シートを準備しましたので、ダウンロードしてご利用ください。

記入用シートを使うので、実際に作業を行う事になりますので、考える時間を取ることが出来ると思いますので、時間を取って、試してみてください。

老後に必要な生命保険の保障とは?

ここでは、老後に必要となるであろう保障内容を確認していきます。老後の死亡保障や医療保障などの見直しを行なうに当たり、老後ではどのような保障が必要であるかを知っておく事、どのような保障が必要か知ったうえで、見直しや比較に取り掛かれると思います。

生命保険、あなたが必要な保障は何?@

ここでは、死亡保障や医療保障の見直しや比較を行ない検討をして、加入するにあたり、あなたが必要とする保障が何であるかを確認していきます。ここでは、質問に答えて行けば、あなたが必要としている保障が分かるようにしていますので、簡単に試せますので、一度、やってみてください。

生命保険、あなたが必要な保障は何?A

ここでは、病気やケガ、ガンなどに備える医療保障で、あなたがどの保障が必要であるかを、「YES」、「NO」に答えていく事で確認する事ができるようになっています。「YES」、「NO」に答えるだけなので、簡単に分かる事が出来ます。

老後に向けた生命保険の見直しのポイント

ここでは、老後に向けた死亡保障、医療保障などの見直しのポイントについて説明します。老後になってからの保障内容は、現役世代の時に比べると違った保障が必要になります。

老後の死亡保障を考える

ここでは、老後になってから必要となる死亡保障について確認していきます。働いている時の現役時代で用意する死亡保障と老後になってから必要となる死亡保障には違いがあります。ここでは、この違いについて説明していますので、あなたが、死亡保障の見直しや比較を行なう時の参考にして頂ければと思います。

老後の医療保障を考える

ここでは、老後になってから、必要になってくる医療保障について見ていきます。医療保障は、老後のように年齢が高くなるにつれて必要な保障になります。ここでは、病気やケガをして入院した場合に、老後になってから必要になる医療費や自己負担する金額などについて説明しています。

また、老後になってからの医療保障の保障期間やどのような形式で加入した方が良いかなどについても説明していますので、医療保障の見直しや比較を行う時の参考にして頂ければと思います。

無選択型終身保険 (誰でも入れる生命保険)

ここでは、高齢者に人気の誰でも入れる無選択型終身保険を見て行きたいと思います。年齢が高くなると高血圧になったりと健康面に何かしら心配事が出てきます。この為、自分は、普通の死亡保障や医療保障に加入する事は無理だと、自分で判断している場合が多いです。

このような人が誰でも加入する事が出来る死亡保障や医療保障の商品に加入しているようです。しかし、健康状態に心配があるからといって、本当に誰でも加入する事が出来る死亡保障や医療保障の商品しか選択肢はないのでしょうか?

生命保険を利用した相続対策

ここでは、死亡保障の商品を活用した相続対策について説明しています。
もし、あなたが亡くなった場合には、何かしら子供や家族などに財産を残す事になると思います。このあなたが残した財産を子供や家族が分割する事で相続税が課税されます。ここでは、死亡保障の商品を使って、税金面でも特をする方法で、財産を相続させる方法を紹介しています。

また、相続対策として、あなたが生きている間に財産を子供や家族に相続していく時に課税される、贈与税を活用した相続の効果的行ない方について説明していますので、相続について考えられている人に参考にして頂ければと思います。