老後の資金と相続を考える(個人年金)

外貨年金保険 で高利回りを狙う

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、アメリカのドルやオーストラリアのドルなとの外貨で積み立てる外貨預金について説明します。日本国内の金利が低い時には、海外の外貨で老後の資金を積み立てる事で老後資金を効率よく積み立てれる事があります。ただし、外貨で貯蓄する場合には、利益が出る確率はありますが、リスクも有りますので、その点を十分にふまえて利用する事が必要になります。



【外貨年金保険とは】

日本では、低金利時代が続き、日本国内で資産を運用しても十分な利回りが得られる資産運用が難しくなり、なおかつ、公的年金制度の不安、不満などから、資産を海外の米国債などで運用する個人年金が注目されました。外貨建ての預金の個人年金保険バージョンになります。
外貨で運用するため、為替リスクはありますが、日本国内での円建ての資産運用にくらべ、て積立利率が高いのが特徴です。


保険料の支払い方法には、加入時に一括で支払う「一時払い」と毎月支払う「積立型」があります。外貨年金保険の商品が出来た当初は、一時払いのみで、若年層には手軽に加入する事が出来ませんでしたが、積立型が出来て誰でも加入しやすくなりました。

外貨年金保険は、外貨で年金資金を積み立てていく為、年金受取時に円安になっていれば為替差益が得られます。この為、金利と為替差益のダブルでの利益が得られます。
しかし、逆に年金受取時に円高になっていれば為替差損が発生する為、損をする可能性があります。
このように外貨年金保険は、リスクのある商品ですので、為替の知識がある事が好ましいと思います。

リスクの回避方法としては、積立型の外貨年金保険がお勧めです。
一時払いの場合は、当初に支払った金額が年金受取時に増えているか減っているかのどちらかになる為、リスクが大きくなります。
これに対して、積立型の場合、毎月の支払いで年金資金を積み立てていく為、円高の時には多くの外貨で積立、円安の時には少ない外貨で積み立てられます。このような方法を「ドルコスト平均法」といい、平均的に購入単価を下げることが出来る、投資手法を利用することができ、リスクの軽減が可能になります。


また、最近では、老後を海外で暮らす人も増えてきていますので、そのような人には、外貨を日本円に変える必要がなくなりますので、為替によるリスクは軽減されます。


このように外貨年金保険は、リスクはありますが金利が高い事が特徴ですので、大きな運用益を狙う人は検討してみてはいいのではないでしょうか。




では、次は、
「個人年金保険等の注意点(加入前にチェック)」




あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年09月09日 01:35