子供がいる家庭の場合

ここでは、子供がいる家庭の場合の死亡保障と医療保障について見ていきます。ここでは、死亡保障と医療保障を夫の場合は、どうした方が良いのか。妻の場合は、どのようにした方が良いかを考えていきます。また、ここでは、妻が専業主婦の場合と共働きの場合について見ていきます。

子供がいる家庭の場合

ここでは、子供がいる家庭の場合の死亡保障と医療保障について見ていきます。ここでは、死亡保障と医療保障を夫の場合は、どうした方が良いのか。妻の場合は、どのようにした方が良いかを考えていきます。


また、ここでは、妻が専業主婦の場合と共働きの場合について見ていきます。このようにここでは、

 ・専業主婦の妻を持つ夫の場合の死亡保障、医療保障
 ・妻が働いている場合の夫の死亡保障、医療保障
 ・専業主婦の場合の死亡保障、医療保障
 ・働いている妻の場合の死亡保障、医療保障

のような4つの種類について、どのような保障内容、保障額の死亡保障、医療保障に加入したら良いのかを説明しています。また、子供がいる場合には、一家の大黒柱の夫や妻にもしもの事があり、亡くなった場合に、残された遺族に対する保障の為にどれくらいの保障が必要になるかも説明しています。これらは、子供の数や生活環境によって違いが出てきます。


また、会社に勤めているのか、自営業やフリーなどで仕事しているかによっても保障内容や保障額の死亡保障、医療保障に違いが出てきますので、それぞれ自分に合った金額を選んで加入する必要があります。


子供がいる家庭の夫、妻の人が死亡保障や医療保障の見直しや比較を行なう場合に、ここで説明している内容を参考にして、見直しや比較にいかせて頂ければと思います。


【子供がいる家庭の場合】

子供がいる家庭の場合には、家庭を支える夫にもしもの事があった場合には、残された家族はほとんどの場合生活に困ることになるでしょう。このようにならない為にも家族の事を考えた生命保険の入り方をする必要があります。


【子供がいる家庭の夫の場合】

・共働きの夫の場合

子供がいる共働きの夫の場合は、夫にもしもの事があった場合にでも妻が働いていれば収入がありますので、専業主婦の家庭ほど困らないです。このように、子供がいる家庭の夫
の場合は、まず、死亡保険金を充実させ、その後、医療保険を考えると良いでしょう。


子供がいる共働きの夫の場合の死亡保険は、子供の人数、住宅購入、転職、独立して自営業やフリーになった場合などで、必要な保障は変わってきますので、もしもの場合は、残された家族の今後の子供の教育費などを考慮して保険金額を決める必要があります。

ポイントとしては、
・子供の教育費
・妻の収入だけでは、しんどい部分の生活費
・住宅ローン
・家族の生活が落ち着くまでに余裕を持てるぐらいのお金
・夫の葬儀費用
などは、夫の死亡保険で準備しておくといいでしょう。

夫が亡くなった場合の葬儀費用は、300万円が相場で、人により200万円〜500万円になります。

夫が亡くなってからの生活費は、一般的には、今までの生活費の70%だと言われています。もちろん、この点も各家庭により違いはありますので、現在、夫が使っている生活費を計算して、夫が無くなった時には、どれくらいの生活費が必要か試算されると良いでしょう。


夫の医療保険については、会社員と自営業によっても変わってきますが、もし、夫が入院等で働けなった場合には、その間の入院費用、手術費用、家族の生活費をカバーする必要があります。会社員の場合は、入院した場合でもそれなりの保障が用意されていますが、自営業の人の場合には、夫からの収入が無くなりますので、給料保障タイプの医療保険にも加入しておく事も一つの選択肢です。


・妻が専業主婦の夫の場合

妻が専業主婦の場合で、子供がいる家庭の場合は、さらにしっかりとした保障が必要になります。基本的な点は、共働きの夫と同じになります。夫にもしものことがあった場合にすぐには、妻が収入を得る事は難しくなるかもしれません。また、子供の年齢によっては、妻が働きに出る事が困難な場合もあります。

このような点から、共働きの場合と比べると、妻や子供の生活費に関しては、よりしっかりとした保障が必要になります。


このように子供がいる家庭の夫の場合には、しっかりとした死亡保障が必要になります。
ただし、子供の為の生活費は、子供が独立するまでで良いので、子供の成長と共に必要となる保障額も下がってきます。このような点から、毎年、必要な保障額を少なくしていける生命保険に加入されるといいでしょう。

夫の医療保険は、共働きの家庭の場合と同じような傾向にあります。しかし、収入が夫しかありませんので、もし夫が入院した場合でも困らないぐらいの最低限の保障はつけておくと良いでしょう。また、自営業の場合は、十分な蓄えが無い場合には、給料保障タイプの生命保険に加入しておく事が必須になるかもしれません。もしもの時にたちまち家庭の生活が立ち行かなくなるためです。この為、生命保険で対策を講じないまでにも、もしもの時にはどうするかをしっかりと考えて準備しておく事が大切になります。



【子供がいる家庭の妻の場合】

・共働きの妻の場合


共働きの妻の場合には、夫と共に家計を支えていますので、妻の今までの家庭への経済的貢献度にたいする死亡保障は用意しておくといいでしょう。

もし、妻にもしものことがあった場合でも、夫の収入だけで、問題なく生活していけるようであれば、妻の死亡保険は、葬儀費用ぐらいです。もし、葬儀費用も預貯金などで準備できる場合には、死亡保険は必要ないでしょう。

この為、妻の場合には、医療保険から確保する事を考えた方がいいです。
それは、妻が病気やケガなどをした場合に、生活費には困らないとしても、医療費にかかるお金の負担が増える事で、経済的に生活を圧迫する可能性があります。この為、医療保険については、しっかりと考えて加入されると良いでしょう。また、30代以降になると女性特有の病気にかかる確率も高くなりますので、女性特有の病気にたいして手厚い保障がついた医療保険に加入する事お勧めです。


・専業主婦の妻の場合

専業主婦の妻の場合には、妻にもしもの事があった場合には、子供が幼い場合には、夫は子供をどこかに預けて働く必要が出ています。この様な出費が必要になる為、もし、預貯金や毎月の収入でこのような費用がまかなえない場合には、妻に対しても死亡保険をかけておく必要が出てきます。




このように、子供がいる家庭に関しては、特に生命保険への加入が必要になる時期です。
その為、少し時間は掛かりますが、当サイトの「Step0 生命保険の見直し手順」で、一度、ご自分にもしもの事があった場合にどれくらいのお金を用意しておく必要があるかを計算してみる事をお勧めします。

Step0 生命保険の見直し手順」では、必要な保障だけではなく、夫にもしもの事があった場合に公的な支援である程度の生活費が貰える事についても触れていますので、必要以上に高い生命保険に加入する必要が無い事も知る事ができます。

もし、夫が亡くなった場合には、夫が国民年金や厚生年金に加入していた場合には、遺族年金がもらう事ができます。この遺族年金をもらう事である程度の生活費の足しになります。

また、夫が亡くなった場合の死亡保険金については、末っ子が生まれた時が一番高額にする必要があります。それは、子供の以後の生活費、教育費用を考慮する為です。この為、子供が大きくなるに従って、死亡保険で用意する必要な保障額は少なくなります。

この為、毎年、死亡保険の保障額が少なくなっていくタイプの死亡保険に加入すると必要以上の保障を付ける事がさけれますので、保険料も抑えられます。