女性特有の生命保険について

ここでは、女性特有の病気にかかった場合の時の医療保障を見ていきます。まずは、女性特有の病気とは何かという事を説明していますので、どのような病気になった場合に女性特有の病気であると判断されるのかを理解していただきたいと思います。

女性特有の生命保険について

ここでは、女性特有の病気にかかった場合の時の医療保障を見ていきます。まずは、女性特有の病気とは何かという事を説明していますので、どのような病気になった場合に女性特有の病気であると判断されるのかを理解していただきたいと思います。


また、女性特有の病気にかかり入院した場合にどれくらいの入院費用や手術費用が必要になるかも確認しておき、女性特有の医療保障がどれくらいの範囲まで保障の対象になるのかも確認しております。


次に女性特有の病気以外に女性の死亡保障では、どのような保障が必要であるか、どのような保障があれば良いのかを見ていきます。この後、女性特有の病気以外の一般的に考えて医療保障を見ていきます。最後に、医療保障の商品に契約する場合にどのような形態で保障をしておいた方が良いのかを説明しています。


このように、女性特有の病気に備える医療保障から、女性の医療保障、死亡保障について説明しています。ここで説明している内容が、女性特有の死亡保障、医療保障の見直しや比較を行なっている人のお役にたてれば嬉しく思います。



【女性特有の生命保険】

ここでは、女性特有の病気に対応した医療保障を考えていきたいと思います。

まず、女性特有の病気としては、
・乳がん
・卵巣がん
・子宮がん
・乳腺症
・子宮内膜症、
・子宮筋腫
などがあげられます。



このような女性特有の病気には、女性なら誰しも、「なったらどうしようか」と思われた事があると思います。
この女性特有の病気でも特に子宮ガンや乳がんに関しては、25歳ぐらいから急激に増えています。

もし、乳がんで30日入院した場合にかかる費用は、
・医療費:約120万円
・差額ベッド代、食事代など医療費以外:40万円
という例があります。


この為、若いうちからでも生命保険に加入する場合には、「女性疾病特約」を付けておく事をお勧めします。親が入ってくれている自分の医療保障や結婚してからの旦那の医療保障と一緒にするなどで、自分の医療保障をすませる方も多いと思いますが、そのような場合でも「女性疾病特約」には出来るだけ加入すると安心できます。


「女性疾病特約」の保障内容は生命保険会社により多少の違いはありますが、基本的には、女性特有の病気や女性がかかりやすい病気を中心に保障している生命保険です。この「女性疾病特約」は、疾病入院特約と同時に加入するのが普通で、保険によっては、手術の際にも保険金がもらえます。

また、このような「女性疾病特約」では、流産、妊娠、分娩、子宮外妊娠、帝王切開、つわりがひどくての入院なども対象になるものもあります。また、これらの治療の為の入院に関しては、医師の判断で入院が決まれば基本的に給付金がもらえるようです。

女性特有の医療保障に加入する場合には、なるべく対象となる病気が多いものに加入される事をお勧めします。


死亡保障については、ほとんどの女性の場合は、特に高額な保障は必要とする事は無いと思います。それぞれ各人の置かれている環境により、「死亡保障」や「医療保障」の必要性は違ってきますが、子供の生活費、教育費などの問題が無い人の場合は、まずは、「医療保障」から考え、その後に「死亡保険」を考えれば良いと思います。

必要性が無いのに大きな保障の死亡保障に加入するよりは、老後も踏まえて、長い期間、医療保障の保障が受けられる医療保障に加入すると良いでしょう。

若い時に保険料が安いからと言って、更新型の医療保障に加入している場合は、更新するたびに掛け金が上がります。つまり、高齢になればなるほど掛け金が高くなります。終身型の医療保障に加入している場合は、若い時は、更新型に比べ保険料が高いですが、高齢になった時は、更新型よりも終身型の医療保障の方が毎月の掛け金が安くなる事が多いです。

もし、老後までを視野にいれて生命保険を特に医療保障を考える余裕がある場合には、終身型の方が、後々の掛け金の支払い負担が軽くなります。それと、更新型の医療保障の場合には、高齢になると健康上の都合で医療保障に加入できない場合があります。
誰でも入れる生命保険が人気があるようですが、基本的に掛け金は割高になります。

最後に、生命保険の保険料を気にする場合には、毎月支払っている掛け金よりも、一生涯で支払う総額での掛け金で考える事をお勧めすます。今の保険料は安くても一生涯で考えると高くなる場合もあります。