シングルマザーの場合

ここでは、シングルマザー人の死亡保障と医療保障について見ていきます。
シングルマザーが死亡保障と医療保障の見直しや比較を行なう場合には、どのようて点について気をつけた方が良いかを説明しています。

シングルマザーの場合

ここでは、シングルマザー人の死亡保障と医療保障について見ていきます。
シングルマザーが死亡保障と医療保障の見直しや比較を行なう場合には、どのようて点について気をつけた方が良いかを説明しています。

また、死亡保障に加入する場合には、どれくらいの保障額が必要であるか。
また、医療保障に加入する場合には、どれくらいの保障額が必要であるか。
を確認しております。

ここで説明している内容が、あなたの死亡保障、医療保障の見直しに少しでもお役に立てれば幸いです。


【シングルマザーの生命保険】

シングルマザーの場合の死亡保障と医療保障は、もしもの事を考えて、子供のために死亡保障を多めに準備をしておく必要があります。この為、生命保険を考える場合には、まずは、「死亡保障」でその次に「医療保障」になります。



【シングルマザーの死亡保障】

シングルマザーの死亡保険は、親にもしもの事があった場合に、

・親類などに子供の面倒を見てくれる人がいるか
・子供の年齢

などにより、死亡保険で用意する、必要な保障額は変わって来ます。
シングルマザーの場合は、親にもしもの事があった場合には、子供に対して、公的年金から遺族年金が受け取れます。
遺族年金は、親が加入している公的年金により種類が異なります。

・国民年金に加入している人
 → 遺族基礎年金

・厚生年金に加入している人
 → 遺族基礎年金 と 遺族厚生年金

・共済年金に加入している人
 → 遺族基礎年金 と 遺族共済年金

が子供が18歳になってから、次の3月までお金がもらえます。
しかし、この遺族年金でもらえる金額のみで子供が生活をして行く事はしんどいです。


この為、遺族年金でカバーできない部分を親の死亡保障で用意する必要があります。
子供の為に用意する内容は、

・子供の生活費(遺族年金でも足りない部分)
・子供の教育資金
 など

を用意する必要があります。


【死亡保障の保障額の目安】

親が会社に勤めている場合(厚生年金加入者)
・子供が1人の場合
 2000万円〜3000万円
・子供が2人の場合
 3000万円〜4000万円

子供の人数や年齢により、違いは出てきますが一般的には、これくらいの金額が必要といわれています。
また、自営業の場合は、さらに500万円〜1000万円多くしておくと安心できます。

親が自営業やフリーの場合(国民年金加入者)
・子供が1人の場合
 2500万円〜4000万円
・子供が2人の場合
 3500万円〜5000万円



【シングルマザーの医療保障】

シングルマザーの医療保障は、自分の病気のための費用を確保する事は当たり前ですが、自分の子供の事を考えて、普通の人に比べて多めにしておく事が必要になります。
また、自営業やフリーの人の場合は、さらに給料保障のついた生命保険に加入しておくと、もしもの時に安心でしょう。

【医療保障の入院日額の目安】
・会社員の場合
 5000円〜10000円
・自営業の場合
 7000円〜10000万円