Step1 生命保険の見直しはなぜ必要性なのか

ここでは、なぜ、死亡保障や医療保障の見直しが必要かを見ていきます。基本的に、このホームページに訪れて頂いている方の場合、何かしら見直しの必要性を感じられていると思います。

ここで「なぜ見直しが必要か」などは必要ないかもしれませんが、どのような事が元で、見直しを行なう必要性が出てくるのかを見て頂くのも、違った意見が聞けるような感じで良いのではないでしょうか。

Step1 生命保険の見直しはなぜ必要性なのか

なぜ、死亡保障や医療保障は、見直しを行なう必要があるのでしょうか。
ここでは、このようなシンプルな内容について、これから、死亡保障や医療保障の見直しを行なうに当たり、再度、確認しておきたいと思います。



【Step1 生命保険の見直しはなぜ必要性なのか?】


なぜ、生命保険の死亡保障や医療保障などの見直しが必要なのでしょうか?
おそらく、死亡保障や医療保障などの見直しが必要と感じている方がこのページを見ておられると思います。あなたは、どのような理由で死亡保障や医療保障などの見直しが必要と考えていますか?


多くの方の現状の死亡保障や医療保障の生命保険への加入方法は、


  ・会社に来るおばちゃんの勧め

  ・外交員のおばちゃんの勧め

  ・知り合いや友達が入っているから


などの人が多いからです。


このような方法で、よく理解もせずに、勧められるままに加入した場合は、あなたにとって必要でない保障が付いている場合があります。



つまり、

  不必要な保障を付けている = 余分にお金を支払っている

という事になります。


また、不必要な保障を付けているだけならまだましですが、あなた自身が、自分にとって本当に必要な保障とは何かを考えないで加入した場合、いざと言う時に必要な保障が付いていなかったという事がある可能性も出てきます。


つまり、

  とりあえず加入してみた → いざと言う時に保障対象外だった

という事になります。


このような事が起こらないようにする為にも、死亡保障や医療保障などの「生命保険の見直し方」が必要になります。


また、生命保険は、一生涯で数千万円を必要とする住宅に次ぐ大きな買い物です。
この大きな出費である部分については、特に気にしないのに、日々の家計の電気代や食費などを節約する人が居ます。日々の家計の節約も大切ですが、大きな出費を置いておいて日々の節約をしてても効果が半減すると思います。このように大きな出費になっている部分を見直すことは必要ではないでしょうか。


このホームページで学ぶのに適している人は、死亡保障や医療保障などを見直したい人です。
見直しを行ないたい人とは、下記のような人になるのではないでしょうか。



  ・毎月支払う、掛け金を節約したい。
  ・自分に合った保障内容が知りたい、よく分からない。
  ・現在、加入している保障内容に満足していない。
  ・今の保障内容でいいのか不安だ。
  ・これから死亡保障や医療保障などに加入したいが、どうすれば良いのか分からない。
  ・何だか難しいのでよく分からないよなぁ〜。
  ・老後に備えた死亡保障や医療保障を準備したい。
  ・子供が産まれたので、死亡保障や医療保障を見直したい
   などなど



もし、「なんだか難しそうだなぁ〜」、「めんどくさいなぁ〜」と思い、
見直しを行わずに、現在の状態を維持していたら、どうなると思いますか?
想像してみてください・・・。



そうです、

  ・不必要な保障を付けて、毎月、高い保険料を支払い続ける。
     → 知らず知らすに家計を圧迫しているかも・・・。

  ・思っていた保障がついていなかった。
     → いざという時の生命保険なのに役に立たなかった・・・。

  ・不必要な保障が付いていた。
     → 知らない間に高い保険料を支払う事になっていた・・・。


のような事になってしまうかもしれません。




このように不必要な出費を抑えて、いざという時に安心できるように「めんどうだ」と思わずに


まあ、「めんどう」と思っても良いのですが・・・


正直、私も「めんどくさいなぁ〜」と思う事もありますし・・・。



でも、自分の為に、家族の為に、大切な人の為に、生命保険について、考え、学ぶ時間を作り、あなたに本当に最適な生命保険に入り、将来に備える事をお勧めします。

そういう気持ちもあり、私は、このサイトを作りました。


また、このサイトでは、
自分で見直す方法をお伝えするのは、当然ですが、専門家であるファイナンシャルプランナー(略称:FP)の紹介も行って行きます。


自分では、どうしても生命保険について考えるのは、「辛い」という方は、専門家である、ファイナンシャルプランナーに相談されると良いでしょう。もちろん、生命保険について詳しいファイナンシャルプランナーです。




「ファイナンシャルプランナーとは何か?」

については、「ファイナンシャルプランナーって何?」を参考にしてください




それでは、次のページから、生命保険を見直し方をご説明させて頂きます。
「Step2 生命保険の加入目的の明確化」