Step3 必要な生活費の保障額を明確にする

ここでは、あなたに必要な保障額を明確にしていきます。まずは、もしもの時に必要となる、生活費やそれ以外の費用を見ていきます。

どのような保障が必要であるか、「Step2 生命保険の加入目的の明確化」で、おおまかにでも確認できたと思います。

今度は、この加入目的を元に実際にどれくらいの保障金額が必要であるかを順番に見ていきます。 ここで、どれくらいの保障額が必要かを把握しておく事で、死亡保障の見直しや比較、相談を行なう時の基本的な必要な金額を知る事が出来ます。

Step3-1 必要な保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にする

ここでは、どのような保障内容が必要かという視点から、あなたに必要な保障額を明確にしていきます。この「Step3-1」で、必要な保障額を明確にする基本的な項目を説明していますので、実際にどれくらいの保障額が必要であるかは、「Step3-2」から順番に行なっていくことになります。


まずは、ここで、どのような保障内容が必要かを明確にしてから、どのような項目について保障額を計算していけば良いのかを把握しておいてください。

Step3-2 日常の生活費の計算方法

ここでは、もし、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合を見ていきます。夫が亡くなった以降に必要な遺族の【日常の生活費の計算】方法を説明しています。


先ほども「Step3-1」で述べましたが、家族の日常の生活費は、下記の通りに2つに分けて考えます。

  (1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費

  (2)妻の残った人生の生活費

では、順番に見て行きましょう。


ここでは、エクセルのファイルで記入用のシートを準備しています。この記入用のシートは、無料でダウンロードするとが出来ますので、是非、ご利用ください。生活費の計算を行なうに当たり、この記入用シートに記入する事で、自動的に計算を行う事が可能ですので、簡単に生活費の計算を行なう事が出来ます。

Step3-3 日常の生活費以外の費用(その1)

次に、日常の生活費以外に必要な費用を見ていきます。
まずは、ここでは、下記の費用を見ていきます。


  (3)子供の教育費用

  (4)子供の結婚の援助

  (5)住居費(住宅ローン・家賃)


これらの費用が、どれくらい必要になるかを把握しておく事は、死亡保障の見直しや比較、相談を行なう時に役に立ちます。

Step3-4 日常の生活費以外の費用(その2)

次に、日常の生活費以外に必要な費用の続きを見ていきます。
ここでは、下記のような項目の費用を確認して行きます。


  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)


これらの費用もしっかりと把握しておかないと、もしもの時に思った以上に費用が必要になり、保障内容、保障額が足りないという事が起こりえますので、しっかりと把握しておきましょう。せっかく死亡保障や医療保障を見直したり、比較、相談を行なうのですから抜かりが無いようにしておきましょう。