Step3 必要な生活費の保障額を明確にする

Step3-3 日常の生活費以外の費用(その1)

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


次に、日常の生活費以外に必要な費用を見ていきます。
まずは、ここでは、下記の費用を見ていきます。


  (3)子供の教育費用

  (4)子供の結婚の援助

  (5)住居費(住宅ローン・家賃)


これらの費用が、どれくらい必要になるかを把握しておく事は、死亡保障の見直しや比較、相談を行なう時に役に立ちます。



【(3)子供の教育費用】

下記データの表示は、今回の費用計算の利便上、1万円以下、四捨五入しています


【幼稚園】
公立 :  24万円 / 年
私立 :  51万円 / 年
【小学校】
公立 :  31万円 / 年
【中学校】
公立 :  47万円 / 年
私立 : 127万円 / 年
【高校】
公立 :  52万円 / 年
私立 : 103万円 / 年

「平成16年 子どもの学習費調査(文部科学省)より
 この調査データは、「学校教育費用」、「学校外教育費用」が合算されています。



【大学(自宅通学の場合・昼間部)】
国立 : 113万円 / 年
公立 : 116万円 / 年
私立 : 181万円 / 年

「平成14年度学生生活調査(文部科学省)より


上記のデータを元に教育費用の総額の計算をします。

【幼稚園】
公立 :  24万円 × 2年 =  48万円
私立 :  51万円 × 2年 = 102万円
【小学校】
公立 :  31万円 × 6年 = 186万円
【中学校】
公立 :  47万円 × 3年 = 141万円
私立 : 127万円 × 3年 = 381万円
【高校】
公立 :  52万円 × 3年 = 156万円
私立 : 103万円 × 3年 = 309万円
【大学(自宅通学の場合・昼間部)】
国立 : 113万円 / 年 × 4年 = 452万円
公立 : 116万円 / 年 × 4年 = 464万円
私立 : 181万円 / 年 × 4年 = 724万円


・幼稚園から高校までを公立、大学を私立に行くとした場合
1255万円の金額が必要になります。

・幼稚園から中学までを公立、高校・大学を私立に行くとした場合
1408万円の金額が必要になります。



それぞれ、各家庭で考えている、教育費用の計算を行ってください。




【(4)子供の結婚の援助】

子供が結婚をする時の結婚資金の援助を行う場合は、
その金額を考えておきます。
一般的に100〜200万円のようです。




【(5)住居費(住宅ローン・家賃など)】

 ・住宅ローン : 家かマンションを購入している場合
 ・賃貸    : 賃貸の家・マンションの場合


【住宅ローンを利用している場合】

一般的に住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険」という生命保険に
加入していることがほとんどです。

ほとんどの住宅ローン商品には、「団体信用生命保険」に加入を義務付けています。

この「団体信用生命保険」に加入している場合で

住宅ローンの名義が夫のみである場合は、「団体信用生命保険」の死亡保証金で
残りの住宅ローンは、支払われ完済されます。

現在、住宅ローンを利用されている方は、念のために「団体信用生命保険」に
加入しているか調べておきましょう。

住宅ローンの支払いが無い場合は、下記の費用が必要になります。

【一戸建て住宅の場合】
  ・固定資産税
  ・修繕・改装費

【マンションの場合】
  ・固定資産税
  ・管理費
  ・修繕積立金
  ・駐車場代


これらの金額を妻が85歳になるまでに必要となる費用を求めましょう



【賃貸に住んでいる場合】

賃貸に住んでいる場合は、妻が85歳になるまでの費用を計算しましょう。



では、次は、下記の項目を見て行きます。

  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)

「Step3-4 日常の生活費以外の費用(その2)」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月15日 22:38