Step4 もしもの時の収入内容と収入金額

ここでは、一家の主が亡くなった場合の公的な保障内容でどれくらいの収入が得られるのかを見ていきます。ここで、公的な保障で、どれくらいの収入が確保できるかを把握しておく事で、死亡保障の見直しや比較、相談を行なう場合に必要以上の保障額を準備する必要が無くなるので、毎月、支払う掛け金を安くする事が出来ます。また、公的な保障以外についても、ここで確認をしておきます。

Step4-1 これからの収入・預貯金の金額

【これからの収入・預貯金の金額】

ここからは、夫が亡くなってからの収入と預貯金などを確認して行きます。もしも、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合に、どれぐらいの収入があるのか、どれくらいの預貯金があるのか、によって、残された家族の生活が違ってきます。


もちろん、出来るだけ多くの金額が有るに越した事はありませんが、ここで収入や預貯金の金額を確認しておく事で、死亡保障で準備する必要にある保障金額が変わってきます。これは、必要以上の保障額の死亡保障に加入すると、毎月の掛け金の支払い額が高くなってしまうからです。


せっかく、死亡保障の見直しや比較、又は、相談して加入するのですから、無駄の無いようにしておきましょう。

Step4-2 遺族年金の計算方法(国民年金加入者)

ここでは、国民年金に加入している人の遺族年金について説明しています。


もし、亡くなっ夫が、国民年金に加入していた場合には、夫の国民年金が遺族年金として利用する事が可能になります。この遺族年金から遺族に対して、生活費としてお金が貰う事が出来るので、遺族年金について抑えておく必要があります。


死亡保障の見直しや比較、相談を行なうに当たり、ここで説明している遺族年金は、大切な項目になりますので、しっかりと把握しておきましょう。

Step4-3 遺族年金の計算方法(厚生年金加入者)

ここでは、厚生年金に加入している人の遺族年金について説明しています。


もし、亡くなっ夫が、厚生年金に加入していた場合には、夫の厚生年金が遺族年金として利用する事が可能になります。この遺族年金から遺族に対して、生活費としてお金が貰う事が出来るので、遺族年金について抑えておく必要があります。


死亡保障の見直しや比較、相談を行なうに当たり、ここで説明している遺族年金は、大切な項目になりますので、しっかりと把握しておきましょう。

Step4-4 残りの収入・預貯金の確認

ここでは、下記のような遺族年金以外の収入について、まとめて見ていきます。

  (2)妻の年金

  (3)企業からの保障

  (4)妻の収入

  (5)預貯金

  (6)その他の収入


ここで、確認している内容は、ほとんどが自分の家庭での準備になります。これらの項目についても一度、どれくらいの金額があるのかを再確認しておくと、現状の家計がどのような収入状況であるか。どれくらいの貯蓄状況であるかを確認できますので、もしもの時にどうなるかを考える機会に良いのではないでしょうか。


死亡保障の見直しや比較、相談を行なうに当たり、ここで説明している色々な収入や預貯金も大切な項目になりますので、しっかりと把握しておきましょう。