Step4 もしもの時の収入内容と収入金額

Step4-3 遺族年金の計算方法(厚生年金加入者)

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、厚生年金に加入している人の遺族年金について説明しています。


もし、亡くなっ夫が、厚生年金に加入していた場合には、夫の厚生年金が遺族年金として利用する事が可能になります。この遺族年金から遺族に対して、生活費としてお金が貰う事が出来るので、遺族年金について抑えておく必要があります。


死亡保障の見直しや比較、相談を行なうに当たり、ここで説明している遺族年金は、大切な項目になりますので、しっかりと把握しておきましょう。



【遺族年金の計算(厚生年金加入者)】

遺族年金の計算方法について説明させて頂きます。

遺族年金と言っても、国民年金、厚生年金のように加入している年金により
計算方法に違いがでます。
ここでは、厚生年金に加入している方について説明させて頂きます。


 ・厚生年金に加入している人とは?
    会社員の人になります。サラリーマン、OLって人ですね。


国民年金に加入されている方は、自営業、フリーで仕事をしている人になります。
こちらは、「Step4-2 遺族年金の計算方法(国民年金加入者)」で説明します。


・厚生年金加入者の場合(会社に勤めの人)について、説明していきます。

厚生年金に加入している夫が亡くなった場合にもらえる遺族年金は、遺族厚生年金と言います。
遺族厚生年金は、厚生年金に加入している人が「死亡した場合」、「在職中の病気やケガが原因で死亡した場合」に受け取ることができます。

遺族厚生年金がもらえる遺族は、亡くなった人に生計を維持されていた配偶者、子供、父母、孫、祖父母です。18歳未満(18歳の誕生日の次の3月末まで)の子供のいる妻や子供の場合には、遺族基礎年金も一緒に受け取ることができます。


【説明上の条件】

 ・金額につきましては、平成16年度時点のものです。
  (遺族基礎年金の金額については、毎年、見直されます。)
 ・遺族年金の額は、年額になります。
 ・妻が「専業主婦」を前提にしています。
 ・対象者は、夫が会社に勤めていて、厚生年金に加入している人です。



【厚生年金に加入している人の遺族年金の計算】

もらえる遺族年金額は、こうなります。
(平成16年度時点の金額)  



基本的にもらえる遺族年金

     今までの月収の平均金額(*1)
   × 1.72(*2)
   × (85歳 − 妻の年齢)
 ―――――――――――――――――――――――
   = 妻がもらえる基本金額  ⇒ (A)

この金額が基本的な遺族年金の額になります。
  

*************[ 補足説明 ]******************************************

(*1)今までの月収の平均金額とは?

  詳しくは、今までの月収の平均金額に物価上昇分のような調整が入った
  金額になります。専門用語では、「平均標準報酬月額」といいます。


 【今までの月収の平均金額の求め方】 

  ・その1 : 聞いてみる
   この金額の求め方は、勤務先の会社を管轄している社会保険事務所に
   聞くと教えてくれます。
   (社会保険事務所は、あなたの健康保険証に記載されています) 
  
  ・その2 : 自分で概算を計算する
   自分で計算を行う場合は、正確な金額は、出ませんが、下記の計算方法で出せます。
     「現在の新入社員の初任給」 と 「現在の月収」 の平均額


(*2)1.72とは?
  
  厚生年金への加入期間により、受け取れる金額が変わります。
  この加入期間によって変わる金額のことを、「給付乗率」といいます。
  今回使用していた「1.72」という数字は、
  厚生年金への加入期間が300月(25年間)に満たない人に使う数字です。
  厚生年金に300月(25年間)以上加入している人は、下記の式で計算してください。


・給付乗率の計算

      7.5 / 1000
    × 加入月数
    × 1.031    
    × 3 / 4
    × 0.991 
  ――――――――――――――――――――――
    = 1.72の変わりに使う数字が出てくる

計算例)35年間、厚生年金を払いつづけた人
      7.5 / 1000
    × 420(35年間の加入月数)
    × 1.031    
    × 3 / 4
    × 0.991
  ――――――――――――――――――――――
    = 2.41になる
    
*************[ 補足説明 ここまで ]********************************



追加でもらえる遺族年金

  ・妻が40歳〜65歳まで下記の金額がもらえます。
    596,000円(平成16年度の価格)


もらえる総額の計算方法

      596,000円
    × (65 − 末っ子が18歳になった時の妻の歳)
  ――――――――――――――――――――――――――――――
     = 追加でもらえる総金額  ⇒ (B)

     
    *末っ子が18歳になった次の3月31日を過ぎた場合にもらえます


子供がいる場合にさらに追加でもらえる遺族年金

  ・子供が1人の場合
   1,023,100円 × (18歳 − 第1子の年齢) 
   = もらえる金額  ⇒ (C)


  ・子供が2人の場合
    1,023,100円 × (18歳 − 第2子の年齢)
  + 1,251,700円 × (第1子の年齢 − 第2子の年齢)
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  = もらえる金額  ⇒ (C)


  ・子供が3人の場合
    1,023,100円 × (18歳 − 第3子の年齢)
  + 1,251,700円 × (第2子の年齢 − 第3子の年齢)  
  + 1,327,900円 × (第1子の年齢 − 第2子の年齢)
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  = もらえる金額  ⇒ (C)


  ・子供が4人の場合
    1,023,100円 × (18歳 − 第4子の年齢)
    1,251,700円 × (第3子の年齢 − 第4子の年齢)  
  + 1,404,100円 × (第2子の年齢 − 第3子の年齢)
  + 1,327,900円 × (第1子の年齢 − 第2子の年齢)
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
  = もらえる金額  ⇒ (C)

 

以上の計算になります。


上記の(A)、(B)、(C)の合計があなたの遺族年金額になります。




では、次は、遺族年金以外の収入面を見ていきます。
「Step4-4 残りの収入・預貯金の確認」

国民年金加入者の場合は、
「Step4-2 遺族年金の計算方法(国民年金加入者)」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 00:25