Step5 死亡保険、医療保険の必要な保障金額の確定

ここでは、死亡時の保障額の死亡保障、病気やケガなどをして入院した場合の保障額の医療保障について、どれくらいの金額の保障を準備しておく必要があるかを見ていきます。

死亡保障、医療保障に必要な保障額がここで、はっきりと算出する事ができますので、この保障額を元に死亡保障や医療保障の見直しを行なったり、比較や相談を行なう事が可能になります。

Step5-1 必要な保障金額の確定

このステップでは、死亡保障、医療保障で準備して備えておく必要がある保障額を計算し、確定していくのに当たり、まずは、「Step5-1」で、死亡保障、医療保障の保障金額の計算の流れを把握して頂きます。まずは、ここで、どのような手順で死亡保障、医療保障の保障金額を把握していくかを理解しておくようにしましょう。

Step5-2 死亡保障(死亡保険)で必要な金額の計算

ここでは、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合に死亡保障で準備しておく必要がある保障金額について見ていきます。今までのステップを順番に全て行なって来て、必要な金額を把握している人であれば、簡単に、この死亡保障で準備する必要がある保障額を把握する事が出来ます。

死亡保障に必要な保障額がここで、はっきりと算出する事ができますので、この保障額を元に死亡保障の見直しを行なったり、比較や相談を行なう事が可能になります。

Step5-3 入院時に必要な医療保障(医療保険)の費用

ここでは、病気やケガなどで、入院した時に必要となる医療保障で準備しておく必要がる入院給付金の保障額について見ていきます。病気やケガをした場合には、公的保障がありますが、ある程度の割合で自己負担をする事になります。


この自己負担部分については、預貯金などで支払うのも良いでしょうが、多くの人は、医療保障で準備していると思います。ここでは、この自己負担の金額でどれくらい医療保障で準備をする必要があるかを見ていきます。


ここで、医療保障で特に気になる入院給付金に必要な保障額が、はっきりと算出する事ができます。この入院給付金の保障額がはっきりとする事で、医療保障の見直しを行なったり、比較や相談を行なう時の入院給付金がどれだけの金額を設定すれば良いのか知る事が出来ます。

Step5-4 入院費用以外に確認しておく点

先ほどの「Step5-3」で、病気やケガなどをした場合にもらえる入院給付金に設定する金額を見てきました。ここでは、この入院給付金以外にも医療保険に加入する場合に確認しておく必要がある項目について見ていきます。

ここで、入院給付金以外の内容についてもしっかりと把握しておいてください。これは、医療保障の見直しや比較、相談を行なう時にも必要な知識になります。