Step5 死亡保険、医療保険の必要な保障金額の確定

Step5-3 入院時に必要な医療保障(医療保険)の費用

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、病気やケガなどで、入院した時に必要となる医療保障で準備しておく必要がる入院給付金の保障額について見ていきます。病気やケガをした場合には、公的保障がありますが、ある程度の割合で自己負担をする事になります。


この自己負担部分については、預貯金などで支払うのも良いでしょうが、多くの人は、医療保障で準備していると思います。ここでは、この自己負担の金額でどれくらい医療保障で準備をする必要があるかを見ていきます。


ここで、医療保障で特に気になる入院給付金に必要な保障額が、はっきりと算出する事ができます。この入院給付金の保障額がはっきりとする事で、医療保障の見直しを行なったり、比較や相談を行なう時の入院給付金がどれだけの金額を設定すれば良いのか知る事が出来ます。


【入院時に必要となる費用とは】

病気やケガなどで入院した場合に必要な費用は、

  ・医療費
  ・食事代
  ・差額ベット代
  ・テレビ、冷蔵庫のレンタル代

などがあります。


皆さんが知っている事と思いますが、健康保険証を持っている人の場合は、医療費が全額支払う必要が無いという事です。
つまり、入院した場合に自分で支払うものは下記のようなものになります。


【入院時に自己負担が必要なもの】

  ●医療費
   自己負担分である医療費の3割

  ●高度先進医療費
   先進の医療技術のもので、高度先進医療と成っているものは、
   健康保険が適用されなので自己負担になる

  ●差額ベッド代
   健康保険が適用されるのは、大部屋のみ
   1000円〜1万円程度の差額が自己負担になる

  ●その他のもろもろの費用
   入院時に必要となる費用
    ・付き添いの親族の交通費
    ・テレビ代
    ・電話代
    ・雑誌代
    ・食事代
    ・入院時食事療養費 : 日額780円が自己負担


また、高額療養費制度という制度がある為、ひと月の医療費も健康保険の適用を受けるような治療などの場合には、基本的には、支払う金額が上限が設定されています。
高額療養費制度を使った場合の自己負担額は、下記のようになります。


・支払う限度額(70歳以上の被保険者、被扶養者が居る場合)

        ・一定以上の所得がある人(*1)
           ・外来療養のみ
            40,200円
           ・外来療養 + 入院
            72,300円 + (医療費 - 361,500円) × 1%
        ・一般の人
           ・外来療養のみ
            12,000円
           ・外来療養 + 入院
            40,200円
        ・世帯の全員が住民税非課税の場合
           ・外来療養のみ
             8,000円
           ・外来療養 + 入院
            24,600円
        ・所得がゼロの場合(必要経費・控除額を計算後)
           ・外来療養のみ
             8,000円
           ・外来療養 + 入院
            15,000円


     *1:一定以上の所得がある人とは?
        基本的に標準報酬月額が28万円以上ある場合で、70歳以上の
        被保険者・被扶養者が居る場合


●健康保険が支払ってくれる部分

    医療費の7割が基本(自己負担は3割)
    しかし、下記のように年齢によっては、さらに医療費が軽減されます。
      *3歳未満 = 8割(自己負担は2割)
      *70歳以上 = 9割(自己負担は1割) 
      *70歳以上でも一定額以上の所得者は、8割(自己負担は2割)





これらを考え、一般的に入院日額で必要な金額は

  ・会社員の場合
    5000円 〜 1万円

  ・自営業者の場合
    1万円 〜 1万5000円

になります。


自営業者の場合には、入院中は、収入が途絶えてしまいますので、入院中は、預貯金などでの貯蓄を取り崩しての生活になると思います。もし、預貯金を十分に貯めていない場合や預貯金を取り崩したくない場合には、入院中の生活費を貰える保険もありますので検討すると良いでしょう。


では、次は、入院時に入院費用以外に確認しておく事を見ていきます。
「Step5-4 入院費用以外に確認しておく点」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 00:28