Step8 既存の生命保険を生かした見直し方

ここでは、見直しを行なうに当たり、現在加入している生命保険を利用した見直し方法を見ていきます。現在加入している保障内容でも、必要が無い保障と必要がある保障があると思います。もし、現在加入している保障の予定利率が高い場合などは、解約をするのはもったいない事になります。

このように、現在の加入内容でも解約せずに、置いておいた方が良い保障と、気にしないで解約してしまって良い保障があります。この為、もし、現在加入している死亡保障や医療保障の保障内容で解約しない方が良い場合には、ここで説明している既存の契約の生かし方を参考にして頂ければと思います。

Step8-1 既存の生命保険を生かした見直し方

死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合に、新たに加入する死亡保障や医療保障が分かった場合には、今までの契約していた死亡保障や医療保障を解約しても良いのではないかと思われるかもしれません。


しかし、何も気にせづに解約するのは、少し待ってください。もし、あなたが今まで契約していた死亡保障や医療保障の内容が特に優れている点がある場合には、解約しないで、今までの死亡保障や医療保障を利用した方が得な場合があります。


ここでは、今現在、加入している死亡保障や医療保障を利用する方法を、6つの方法でご紹介しています。この6つの方法は、それぞれ違った用途で利用する事が可能ですので、もし、あなたが、現在加入している死亡保障や医療保障について、何か理由あり、現在の加入内容を利用したい場合には、この6つの方法を見て、利用出来るか検討してみる事をオススメします。

Step8-2 保障内容を下げる方法(減額)

今まで、加入している死亡保障や医療保障の保障額では、十分過ぎるため、保障額を下げる場合に減額を利用します。案外、営業マンに言われた通りに加入していた場合には、必要以上に十分すぎる保障額、保障内容になっている事があります。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「減額」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「減額」について説明します。

Step8-3 契約途中から保障内容を手厚くする方法(中途増額)

今まで、加入している死亡保障や医療保障の保障額では、十分な保障で無かった場合に、契約途中に保障額を手厚くする方法のが中途増額です。例えば、子供が産まれて、保障額を増やしたい時などに利用するようなものになります。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「中途増額」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「中途増額」について説明します。

Step8-4 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

現在、加入している死亡保障や医療保障の生命保険を下取りに出して、今まで加入して貯蓄された積立金を、新しく加入し直す時の頭金として、充当する方法を「契約転換制度」といいます。この契約転換制度を利用する事が多いのは、更新型の死亡保障や医療保障です。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「契約転換制度」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「契約転換制度」について説明します。

Step8-5 既存の契約に追加する方法(追加契約)

現在、加入している生命保険の契約にプラスして、新しい保障内容を追加して契約を行う方法です。現在の保障内容では不安があり、あらたに新しい保障を付けたい場合に利用します。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「追加契約」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「追加契約」について説明します。

Step8-6 保険料が払え無いが今の生命保険をできるだけ維持する方法(延長保険)

現在、加入している死亡保障や医療保障などの保険料の支払いが困難になったが、できるだけ可能である期間、今の生命保険の保障を維持したい時に利用出来る制度です。どうしても現在の保障内容を維持する必要がある場合に利用する事ができます。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「延長保険」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「延長保険」について説明します。

Step8-7 保険料が払え無いが保険期間を維持する方法(払済保険)

現在、加入している死亡保障や医療保障などの保険料の支払いが困難になったが、保障内容が下がっても、保障が有る期間を今までの通りに維持したい場合に利用できる制度です。保障内容、保障額が低くなっても、当初予定した保障が必要な場合に利用すると良いでしょう。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「払済保険」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「払済保険」について説明します。