Step8 既存の生命保険を生かした見直し方

Step8-4 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


現在、加入している死亡保障や医療保障の生命保険を下取りに出して、今まで加入して貯蓄された積立金を、新しく加入し直す時の頭金として、充当する方法を「契約転換制度」といいます。この契約転換制度を利用する事が多いのは、更新型の死亡保障や医療保障です。

このような人が死亡保障や医療保障の見直し比較や相談を行なった場合には、新しく、死亡保障や医療保障に加入し直す前に、「契約転換制度」で対応を出来ないか検討をしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、この「契約転換制度」について説明します。



【Step8-4 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)】

ここでは、生命保険の契約転換制度という方法説明します。


契約転換制度とは、
現在加入している生命保険を下取りにだして新たに加入する生命保険に充当します。

つまり、契約転換制度を利用すると、今まで加入していた生命保険で貯まっていた解約返戻金を新しい生命保険の頭金にするような感じになります。

そして、頭金を用意した事により、最初に多額の金額を一括で払った事となる為、新しい生命保険の毎月の保険料の支払額が少なくなります。この為、毎月の保険料の支払いを少なくしたいが、今まで以上に充実した保障が欲しい人の場合は、契約転換制度の利用を検討してもいいでしょう。


契約転換制度の種類には、の

  ・基本転換
  ・比例転換
  ・定特転換

3つの方法があります。
この種類別の説明は、このページの下の方で説明しています。
まずは、契約転換制度のポイントから説明していきます。



【ポイント】

・現在の生命保険を解約せずに下取りに出し、下取りの金額を新しい契約の
 一部に充当します。
・契約転換を行った時点で、今までの加入していた生命保険は消滅します。
・契約転換制度による下取りに出した金額が新たに加入する生命保険に
 どれだけ充当できるかは、保険会社により異なります。
・普通に新規に加入した生命保険に比べ、毎月支払う生命保険の保険料が安くなります。
・新しく生命保険に加入する事と同じになる為、新たに告知または診査が必要になります。




【解約との違い】

・生命保険を解約した時に戻ってくる「解約返戻金」よりも、契約転換を行った時の
 「転換価格」のほうが金額が多いです。
・長期に生命保険の契約を継続した場合の特別配当が新しい生命保険に引き継がれます。
・告知義務に違反があった場合に新たに加入している場合は、契約解除になりますが、
 契約転換の場合は、前の契約していた生命保険に戻すことが可能です。




【注意点】

・転換時の年齢で、生命保険の保険料が計算しなおされます。
・予定利率が高い時期に加入した生命保険の場合は、予定利率が下がる場合がある。
・現在加入している生命保険会社でしか利用ができません。

契約転換制度を利用する場合は、現在の契約内容と新しい転換後の契約内容を隅々まで確認してから実行に移しましょう。



【契約転換制度の種類】
下記では、「定期保険特約付終身保険」を例にしています。



【基本転換】
・終身保険部分のみに充当します。
・終身保険の保険料の負担が軽減されます。
・定期保険特約の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、保険料は高くなります。
・他の転換方法と比べると、返戻金の金額は多くなります。

基本転換



【比例転換】
・終身保険部分、定期特約保険部分に一定の割合で充当されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分の両方の保険料が軽減されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分に充当する割合も変えられます。
・基本転換に比べ、割安な保険料になりますが、返戻金の額は少なくなります。
・定特転換に比べ、返戻金の額は多くなりますが、保険料は高くなります。

比例転換



【定特転換】
・定期特約保険部分のみに充当します。
・定期特約の保険料の負担が軽減されます。
・終身保険部分の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、返戻金は少なくなります。
・転換部分の返戻金は、次の更新時にゼロになります。
・一定期間の保険料が安くなります。
・一定期間充実した保障が必要な場合に適しています。

定特転換



最後に、契約転換制度を利用する事で、メリットも多々ありますが、デメリットもありますので、今まで契約していた生命保険の契約内容が消滅しますので、契約転換を利用するかどうかは、十分に検討されてから実施される事をオススメします。

特に、予定利率が高かった頃に生命保険に加入している人の場合には、契約転換制度を利用して、新しい生命保険に加入する事で予定利率が下がる場合があります。

生命保険の営業マンが保険の見直し時によく契約転換制度を勧めてきます。定期保険などで、契約更新時などにはその時の年齢で生命保険料を計算しますので、保険料が高くなります。

この場合には、契約転換制度を使って毎月の支払う保険料を抑えられますが、契約転換制度を繰り返していると、保障は維持できますが、解約返戻金が無くなりますので、生命保険を老後の資金にと考えている人は利用に注意が必要です。



では、次は、「Step8-5 既存の契約に追加する方法(追加契約)」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 00:34