生命保険の基礎

はじめに

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


生命保険の見直しや比較、相談などで加入を検討するといっても専門用語が多く、また、色々な種類があり難しいというイメージを持っている人が多いと思います。この為、自分では、なかなか見直しを行なうのは難しいというイメージがあるかもしれませんが、ここでは、このように難しいと感じている人にまずは、見直しを行なうに当たり、見直し時のポイントを説明しています。

まずは、見直しや比較などを検討されたい人は、ここを読み進めて、基本的な事柄を勉強し、理解されてはいかがでしょうか。基本的な事をおさえておく事で今後の見直しや比較をされるときの理解が深まると思います。


生命保険に加入されている方にとって生命保険とは、いざという時に必要なものとは思いつつ、専門用語が多く、色々な種類があって、難しいというイメージをお持ちの方が多いと思います。


でも、毎月、それなりの出費になるので、どうせなら自分に合った生命保険に
入りたいという方が多いいと思います。


そのような方に自分で自分に合った生命保険を選べるように
生命保険の基礎を分かりやすく説明していきたいと思います。



【はじめに (生命保険について)】




生命保険に加入するにあたって、加入者が一番求めいるものとは何とおもいますか?


それは、「自分にあった生命保険に加入したい」です。

しかし、多くの方が生命保険へ加入方法した


  ・友達が生命保険の販売をしているから
  ・会社に来る生命保険のおばちゃんの勧めで断れなかった
  ・生命保険の外交員のおばちゃんの勧めで断れなかった
  ・知人・友達が生命保険に入っているから

などです。

生命保険を勧められるままに加入してしまうと、十分過ぎる保障内容になっている事が多いです。十分な保障があれば安心は出来ますが、保険料の支払いが多くなってしまいます。
毎月の支払いは、数千円〜数万円になります。上記のように勧められて十分な保障が付いている生命保険に加入した場合は、さらに多く支払っている事でしょう。

生命保険は、住宅ローンに次ぐ高価な買い物だと言われています。
毎月数万円を払い続けると、一生涯では、数百万円〜数千万円にもなります。

こんなに多くのお金を支払っていると子供が出来て生活にかかる費用が増してくると生命保険への支払い額が家計への重荷になってくると思います。また、子供が居ない家庭でも、毎月、多額の保険料の支払いをしていて、経済的に平気な家庭はそう多くないと思います。

と言っても、死亡保障や医療保障は必要な保障です。また、将来貰える年金が減ってきている現在では、老後の保障も必要な保障です。このように老後まで考えると、家計で無駄に出来るお金は無くなってきています。

では、どうすれば言いのでしょうか。

それは、現在の保障と老後の保障のバランスを取る事です。具体的には、現在の保障である死亡保障、医療保障を出来るだけ抑えて、老後の資金に回す事になります。


このホームページには、生命保険を見直す手順が詳しく解説しています。このホームページを読んで、生命保険を見直すポイントをおさえて、自分に合った最適な生命保険に加入するようにしましょう。


【生命保険選びのポイント】

・複数の生命保険会社を比較検討する

最近は、インターネットでも複数の生命保険会社から一括で資料請求を行う事が出来るようになり、今までに比べて複数社の生命保険会社を比較する事が簡単になっています。
しかし、実際に生命保険に加入する時に複数の生命保険会社を見比べて比較検討する人は少ないようです。

最近では、新しい保険商品が続々とでており、同じような保障内容の生命保険でも会社が違うと2割〜3割も保険料が違う場合があります。この為、少なくても同じような保険商品を3社以上から資料と見積もりを貰い比較検討しましょう。

また、生命保険を選ぶ際には、もちろん保険会社自体の安全性も重要になりますので、この点も踏まえて、複数社の中からもっとも良いと思える生命保険を選びましょう。


・保険料は、総支払額の保険料で考える

生命保険に加入する場合に気になるのが毎月支払う保険料です。また、保険料を安くしたい為に生命保険を見直す人も多くいます。
このように生命保険の保険料を安くしたい人の多くは、毎月の支払い額に着目してしまい、生命保険に一生涯支払う金額は気にしていない人が多いようです。

生命保険の毎月の支払いを安くしたい場合には、更新型の生命保険に加入する場合が多いです。しかし、この更新型の生命保険の場合は、更新時に保険料が高くなります。保険料が2倍になったという話も聞く事があります。これは、生命保険を更新するたびに更新時の年齢で生命保険の保険料を計算しなおす為です。

この状態で、子供が出来て教育費用が必要な時期や住宅ローンの支払いがある時期に生命保険の保険料が上がると生活がさらに辛いものになります。

このように目の前の安い保険料に飛び付くのでは無く、長期的な視点で生命保険に支払う一生涯の総保険料を考えて入る方が良いです。出来れば、医療保障の場合には、老後まで考えて加入する事をお勧めします。


医療保障は終身保険を検討する

先ほども少し触れましたが、更新型の保険の場合は、更新するたびに保険料が高くなります。その為、老後にも確保しておきたい医療保険については、終身型の生命保険に加入する事を検討する事をお勧めします。終身型の医療保険の場合は、加入当初の保険料は更新型と比べて高くなりますが、総支払保険料で考えると保険料は安くなる場合が多いです。(終身保険の場合は、保険料は、加入時のまま変わりません。)
終身保険に加入するかどうかは、現状にもよりますが、家計に少しでも余裕があるようでしたら長期的な視点に立って、検討されると良いでしょう。


逓減型定期保険も検討する

逓減型定期保険とは、年々保険金額が少なくなっていく生命保険です。一般的に知られている定期保険は、保険期間中は一定の保障金額が保障されています。

生命保険の死亡保障の場合には、一家の大黒柱である夫にもしものことがあった場合に残された家族の生活費を考えて加入すると思います。この場合に、子供が成長するにつれて、子供に掛かる生活費が減っていきます。

この為、定期保険のように、一定期間中は同じ保障金額が実際には必要が無い事が分かると思います。この点、逓減型定期保険は、年々、保険金額も減っていきますので、定期保険に比べ理想的な保障だといえます。

もちろん、保険料については、一定期間の保障額が同じ定期保険の方が逓減型定期保険より多くかかります。この為、必要以上に保障をかけないで済む逓減型定期保険がお勧めできます。



最後は、根気と粘り

最適な生命保険に加入する為には、根気がいります。
自分に必要な保障額、保障内容を調べ、さらに、多くの生命保険の中から最適な保険を選ばなければなりません。
このような作業を行う為、生命保険の加入は、最後は精神論になってしまいます。
すごく大変に思いますよね。

しかし、住宅、車、高価な家電を購入する時は、多くの人が時間をかけて、多くの商品を見比べて比較検討します。何故か生命保険に関しては、このように比較検討する人が少ないです。

先にも述べましたが、生命保険は、住宅に次ぐ大きな買い物です。
また、保障を買うわけですから、家族や自分の一生に関わってくる内容の商品です。


ぜひ、難しい、しんどい、よく分からないなどと言わずに、時間をかけて検討される事をお勧めします。





次は、「死亡保険とは?」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 01:51