生命保険と税金

ここでは、生命保険にまつわる税金について説明しています。
税金に関しては、支払う場合と戻ってくる場合があります。戻ってくる事に関しては、毎年の年末調整や確定申告を行なっている人が多いと思いますので知っている人が多いと思いますが、税金を支払う場合に関しては、知らない人が多いと思いますので、ここでは特に税金を支払う場合について詳しく説明させて頂いています。

生命保険と税金

ここでは、生命保険にまつわる税金について説明しています。税金には、税金を支払う必要が出てくる場合と所得税や住民税などの所得控除を受け、税金が安くなり、場合によっては戻ってくる場合があります。ここでは、この税金を支払う場合と、税金が戻ってくる場合について見ていきます。

税金が戻るケース(生命保険料控除)

ここでは、税金が戻ってくるケースとして「生命保険料控除」について見ていきます。
ここで説明している内容は、会社員の人は、毎年、年末に行なっている年末調整で行なっている内容になります。また、自営業者やフリーの人の場合には、毎年、確定申告で行なっている内容になります。

保険金を貰った時の税金

保険金を貰った場合には、もちろん税金が課税されます。ここでは、この税金を課税されて支払う必要が出てきた場合にどのような税金が適用されるのかを説明しています。また、保障内容によっては、税金が課税されないようなものもあります。ここでは、この課税対象外になる場合についても説明しています。

どの保障が課税対象になるか、課税対象にならないかを把握しておく事は必要になります。もし、課税される場合には、保障額にしても税金が課税された後の金額をまえもって計算しておいて、課税分を上乗せした保障額を設定しておく必要があります。

契約形態と保険の種類による税金の違い

ここでは、契約形態の種類や生命保険の種類によってどのような税金が課税されるかについて説明しています。どのように加入しているかにより、適応される税金がどのように変わるのかを一覧表にして説明していますので、参考にして頂ければと思います。

もし、あなたが死亡保障などの見直しや比較などを行い、加入しようと考え検討している場合には、どのような場合に、どのような税金が課税されるかを把握しておく事をオススメします。今すぐ課税される事では無いので、あまり気にしない人が多いですが、将来的に場合によっては、その税金が適用になり課税されるかにより、実質的に受け取れる金額にかなりの差が出てくる場合もあります。

生命保険の税金の計算方法

ここでは、どのような税金があるのかを説明しています。
ここで課税される種類の税金を上げていますので、気になる税金については、リンク先で詳しい説明をしています。

生命保険と相続税

ここでは、相続税として税金が課税される場合について説明しています。相続税として課税された場合でも、非課税になる部分や基礎控除があります。また、一時所得の税金の計算方法の説明から、実際にどのように計算するかの計算例も載せていますので参考にして頂ければと思います。

生命保険と一時所得

ここでは、一時所得として税金が課税される場合について説明しています。一時所得として課税された場合でも、非課税になる部分や基礎控除があります。また、一時所得の税金の計算方法の説明から、実際にどのように計算するかの計算例も載せていますので参考にして頂ければと思います。

生命保険と雑所得

ここでは、雑所得として税金が課税される場合について説明しています。雑所得として課税された場合でも、非課税になる部分や基礎控除があります。また、一時所得の税金の計算方法の説明から、実際にどのように計算するかの計算例も載せていますので参考にして頂ければと思います。

生命保険と贈与税

ここでは、贈与税として税金が課税される場合について説明しています。贈与税として課税された場合でも、非課税になる部分や基礎控除があります。また、一時所得の税金の計算方法の説明から、実際にどのように計算するかの計算例も載せていますので参考にして頂ければと思います。

相続税と贈与税の税率

ここでは、相続税と贈与税の税率を簡単に調べる事ができるように一覧である、速算表という形式で紹介しています。