公的な健康保険制度について

医療保障を考えるうえで、健康保険のことを知っておく事が大切になります。これは、ある程度の医療費は、健康保険制度から支払われるので、自己負担する金額が減る為です。どのような時にどれくらいの医療費が補助されるか。どのような項目については、自己負担になるのかなどをしっかりと把握しておきましょう。

厚生年金保険について

ここでは、会社などに勤めている人が加入している健康保険制度について説明しています。
どのような人が加入が出来て、どのようなタイプがあり、誰までが対象になるかなどの基礎的な事を説明しています。また、どのような保障が受けられるかについても説明しています。

国民健康保険について

ここでは、自営業やフリーの人が加入する健康保険である国民健康保険について説明しています。
どのような人が加入が出来て、誰が保障対象になるかなどの基礎的な事を説明しています。また、どのような保障が受けられるかについても説明しています。

健康保険で医療費が戻ってくる

健康保険では、保障の適用範囲内の治療を受けた場合には、ある一定額以上の治療費がかかった場合には、治療費が戻ってくるという制度があります。この制度を適用する事で、1ヶ月の自己負担額の限度が決まっており、この金額を超えて支払った金額は返ってきます。

このように、自己負担の限度額が決まっている為に、民間の医療保障に加入する場合には、一定額以上の費用が必要無くなる場合がありますので、民間の医療保障の加入や見直しを行なう場合には、考慮しておく必要がります。

高額療養費制度について

病院へ怪我や病気で入院した場合に一日に必要な入院費用は、生命保険文化センターの調査では、日額が1万2900円になります。もし、30日入院した場合には、387,000円もお金が必要になります。

ここでは、このようにもし入院した場合には、1日当たりの費用がかなり高くなりますが、この高くなる医療費を高額療養費制度という制度を利用する事で、自分で負担する必要がある医療費を安くする事が出来る方法について説明しています。この高額療養費制度があるおかげで、1ヶ月当たりの医療費がある程度、安くおさえられる事ができています。

定年退職後の公的な健康保険(公的な医療保障)

定年退職後の健康保険は、今まで加入していたものの資格が無くなる為に、自分で新しく加入する手続きをする必要がある場合があります。しかし、退職した人の場合には、今まで会社で加入していた制度にも加入する事ができます。このように、退職者は、どのように選択を行なう事が出来るかを説明しています。