公的な健康保険制度について

健康保険で医療費が戻ってくる

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


健康保険では、保障の適用範囲内の治療を受けた場合には、ある一定額以上の治療費がかかった場合には、治療費が戻ってくるという制度があります。この制度を適用する事で、1ヶ月の自己負担額の限度が決まっており、この金額を超えて支払った金額は返ってきます。

このように、自己負担の限度額が決まっている為に、民間の医療保障に加入する場合には、一定額以上の費用が必要無くなる場合がありますので、民間の医療保障の加入や見直しを行なう場合には、考慮しておく必要がります。



【健康保険で医療費が戻ってくる 】

健康保険で医療費が戻ってくるこの制度の事を健康保険の高額療養費制度と言います。また、健康保険には、病気や怪我で働けない時にお金が貰える傷病手当金という制度もあります。

【高額療養費制度の自己負担額の計算方法】

健康保険が適応の治療を受けた場合には、1ヶ月当りの医療費としての支払う金額は、下記の自己負担限度額までになります。
自己負担限度額を超えた分は、健康保険組合の健康保険に加入している人は、健康保険組合に申請します。国民健康保険に加入している人は、市区町村に申請する事で自己負担限度額を超えた分のお金が戻ってきます。


●一般的な自己負担限度額の計算式

  7万2,300 + (医療費 - 24万1,000円)×1% = 自己負担限度額

例)医療費が50万円かかった場合
・自己負担は、15万円(医療費の3割)
 自己負担限度額
        8万100円+(50万円-24万1,000円)×1% = 7万4,890円
         15万円 - 7万4,890円 = 7万5,110円 
      ↑
      戻ってくる金額

●標準報酬月額が56万円以上の人

  13万9,800 + (医療費 - 46万6,000円)×1% = 自己負担限度額


●低所得世帯(市区町村民税の非課税世帯)

3万5,400円


のようになります。
ここでは、簡単に説明させてもらいました。
さらに詳細は、「高額療養費制度について」のページを参照してください。
また、全ての費用がこの高額療養費制度の適用を受ける訳ではありません。
この点についても「高額療養費制度について」のページを参照してください。



【怪我や病気で働けない時にもらえる(傷病手当金)】

会社に勤めている人で健康保険に加入している人の場合は、病気や怪我で働けなくなった場合に生活費の手当金が貰える傷病手当金という制度があります。
傷病手当金を受け取っている間は、求職の申込は出来ません。

●傷病手当金が貰える条件

  ・健康保険に加入し、健康保険を使って治療を受けたものに限る。
  ・4日以上連続で休んだ場合は、4日目から支給される。
  ・3日で会社を退職した場合は、支給されない。


●退職後も支給される条件

  ・退職前に1年以上連続して健康保険に加入していた。
  ・退職前に傷病手当金を受けていた。
・退職後に会社で加入している健康保険組合の健康保険に任意継続を選んだ人も
  ・傷病手当金を受け取る事が出来る。
・傷病手当金を給料を貰っていた人が退職後に給料が無くなった場合は、
   給料が無くなった時から支給される。


●支払額

  標準報酬日額の6割


●支払い日数

  1年6ヵ月を限度に病気が治るまで

●会社からの給料支給がある場合

  給料の6割に満たない部分の差額が払われる


●請求先

  ・政府管掌健康保険の人
    → 勤務地の社会保険事務所

  ・健康保険組合の人
    → 所属の健康保険組合

   *毎月の請求が必要です。請求し忘れると支払われません。


●必要書類

  ・傷病手当金請求書
  ・意思による意見書
  ・事業主の証明書
(仕事が出来なかった期間、その間の給料支払いについて)
*退職した場合は、事業主の証明書は要らない


●退職後の年金受給者

  傷病手当金は打ち切られ老齢厚生年金に変更されます。
但し、傷病手当金の方が金額が大きい場合は、差額が支給されます。





次は、「高額療養費制度について」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 02:03