制度改革などの制度の変更

ここでは、2006年10月に行われた、制度改革などの制度の変更の内容を紹介しています。
このホームページの各ページの文章自体にも変更は加えていますが、もし、本文の変更をし忘れている場合を考慮して、ここに変更点をまとめさせて頂きました。また、どのような変更点があるのかを手軽に知る為にも、このように変更点のみを紹介しておくのも良いかと思っています。

医療費の自己負担額の変更

ここでは、2006年10月1日から変更になる医療費の自己負担率の変更について説明しています。

変更点の概容を言いますと、今回は、高齢者にとって厳しい改正になっています。高齢者である、一定以上の年齢になっている人が、今まで以上に自己負担が増える結果となっています。また、当初は、一見、今回の制度の変更に伴い、該当する人の人数は多くないのではないかと思いましたが、よく調べてみると、最初思った以上の人が対象になっていまうようです。

また、自己負担額の上がり方が、今まではほとんど医療費の自己負担を必要としていなかったような人が、いきなりそれなりの医療費の自己負担をする必要が出てきているようです。今回の制度改正は、この医療費の自己負担額の変更以外に、自己負担の上限金額も変更になています。この為、医療費に関しては、ダブルで自己負担する金額が増える事になります。この為、今回の医療費の制度変更は、弱者にとっては、厳しい制度改革であると言えるのではないでしょうか。

今後の事も踏まえて、まずは、医療費について、どのような変更が合ったのかを理解しておく事をオススメ致します。

医療費の自己負担限度額の限度額の引き上げ

ここでは、2006年10月1日から変更になる医療費の自己負担の限度額の変更について説明しています。

2006年10月からは、この制度以外にも、医療制度をまとめて制度改革が行なわれています。ここで説明している制度の変更の内容は、ひと月当たりの自己負担額が増えた件についてですが、医療費について、他の制度も同時に変更されている点から考えて、ちょうど、今回の制度改革により、影響を受ける人は、いきなり医療費の自己負担額が増える可能性があります。

今後の事も踏まえて、まずは、医療費について、どのような変更が合ったのかを理解しておく事をオススメ致します。

生命保険に及ぼす標準生命表の改定

標準生命表」が2007年4月に11年ぶりに改定されました、この標準生命表の改定に伴ない、生命保険にも影響がでてきていますので、ここでは、この標準生命表の改定と生命保険について説明しています。