色々な生命保険

終身保険について

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、終身保険とはどのような商品で有るのかについて説明しています。
また、この保障の利用の仕方に参考になる内容を説明しています。


【終身保険について】


終身保険とよく比べられるのが定期保険です。定期保険の場合は、保障期間が10年や15年間と期間が決まっているものや60歳まで保障するというような生命保険です。
これに比べて、終身保険とは、保障期間が一生涯続く生命保険で死亡した時に保険金が受け取れます。

掛け捨て型の定期保険に比べて、解約した場合に貰える解約返戻金が多いのが一般的です。また、終身保険は、保障が無くなる事がないので、老後などの病気が治りにくくなる時期や健康上の都合で生命保険に加入しにくくなる時期になっても保障が一生涯続くので安心です。

このように終身保険は、保障が一生涯続きますが保険料の支払い方法は、10年払い済みや60歳払い済みのように保険料を払い込む期間が決まっているものや一生涯払い続けるもの、加入時に一括で払い込むものなどがあります。

つまり、終身保険の保険料の支払い方法は、


【終身保険の保険料の支払い方】

・終身払い
・有期払い
・一時払い

があります。

終身払いとは、一生涯に渡って、保険料を支払う方法です。
有期払いとは、10年間や60歳までなどの決まった期間で保険料を払う方法です。
一時払いとは、加入時に一括して保険料を払う方法です。

この保険料を支払い方について、毎月支払う保険料の面から見た場合には、長期に渡って保険料を支払う程、保険料が安くなります。
この為、「終身払い」が一番安くなります。次が、「有期払い」、「一時払い」の順になります。
この為、毎月の支払額を抑えたい人の場合には、「終身払い」がオススメです。

しかし、保険料の総額で考えた場合には、この順位が違ってきます。
支払う保険料の総額で考える場合には、短い期間で保険料を払い込んだ方が総額的には安くなります。つまり、「一時払い」、「有期払い」、「終身払い」の順になります。

この為、
毎月の支払う保険料を低く抑えたい場合には、「終身払い」
支払う保険料の総額を低く抑えたい場合には、「一時払い」
を選択すると良いでしょう。

もし、長く生きる場合には、まとまったお金がある余裕がある人の場合には、「一時払い」がオススメです。ただし、注意点としては、終身保険に加入している人が早く亡くなった場合には、「一時払い」は総支払額が多くなってしまいます。


【終身保険の種類】

終身保険の種類としては、

・普通終身保険
・定期付き終身保険
・連生終身保険
・祝金付終身保険
 
などがあります。

普通終身保険は、終身保険だけの生命保険です。定期付き終身保険は、終身保険を主契約として、定期保険が特約で付いているタイプです。連生終身保険は、夫婦などが2人で一緒に1つの保険に入るタイプで、夫婦のどちらかが亡くなった時に保険金が受け取れます。祝金付終身保険は、一定期間が経過するごとに祝金が受け取れます。


ここでは、多くの人が加入している定期付き終身保険を見てみます。
定期付き終身保険は、終身保険をベースとして主契約として、特約として定期保険が付いているタイプです。この場合、終身保険は、一生涯の保障である為に、保険金が受け取れます。しかし、簡単に定期保険と比べると支払う保険料が高くなる場合があります。

この為、終身保険では、一生涯の保障として、死亡時の葬儀費用などを用意して、多額の保障が必要な時期には、定期保険でおぎなう方法があります。
また、保険料が高いと思われている終身保険でも、若いうちから加入する事により、定期保険より総支払いの保険料が低くなる場合があります。

定期保険の場合、10年、15年単位で更新をする事になります。保障条件を変えない限り、この更新時に保険料が高くなります。この為、終身保険、定期保険については、それぞれの利点をいかして、あなたにベストな組み合わせを選択する事をオススメします。

また、最近では、年々保障額が少なくなる保険もありますので、このような生命保険も検討すると保険料を抑える事ができるかもしれません。

あなたにベストな組み合わせを選択する事をオススメと言っても、なかなか、自分で何がベストなのかを調べる事は難しいと思います。この為、専門家に相談する事をオススメします。当サイトでは、特徴別に生命保険の見直しや比較の相談先を紹介していますので、下記のページであなたに合った相談先に相談するのもひとつの方法だと思います。

生命保険の見直し・比較相談の各社一覧表でのチェック


【終身保険のメリット・デメリット】

・終身保険のメリット

・一生涯保障が続く
・長生きするリスクに備えられる
・解約返戻金を老後資金に利用出来る
・介護保険に移行できる
・責任準備金を年金形式で受け取れる
・若い頃から加入し、長生きすると保険料の総支払額が安くなる場合がある

ような選択肢があります。


・終身保険のデメリット

・保険料が高い


【終身保険の利用方法】

終身保険は、若い時に加入すれば保険料は安くなります。この為、一生涯の保障のベースとなる部分を若いうちに終身保険で抑えておくと良いでしょう。

しかし、無理をして終身保険に加入して、保険料の支払いが困難になり解約した場合には、ほとんど解約返戻金がありません。若いうちから終身保険に加入する事はオススメですが、無理をして加入する事は控えましょう。

もし、結婚したり、子供が生まれたりしてから終身保険に加入した場合には、保険料が高くなってしまいます。この為、可能であれば、若いうちに加入すると良いでしょう。

また、結婚したり、子供が生まれたりした場合には、保障額を増やしたり、子供を育てる特定の期間だけ定期保険などで保障を確保する事が可能です。




あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年10月23日 16:15