色々な生命保険

定期保険について

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、定期保険とはどのような商品で有るのかについて説明しています。
また、この保障の利用の仕方に参考になる内容を説明しています。


【定期保険について】


定期保険とは、死亡保障の為の生命保険で、契約時に契約期間が10年、15年や○○歳になるまでのように、保障期間中に定期保険の加入者が亡くなった場合に、契約時に定めた死亡保険金が受け取れます。

掛け捨て型の生命保険である為、保障期間が満了した時に満期保険金はありません。長期の契約の場合には、解約返戻金がある場合があります。

定期保険は、短い期間で考えたり、高額な保障を必要とする場合などは、終身保険や養老保険と比べると毎月支払う保険料が安くなります。また、加入する年齢が高くなったり、保険の保障期間が長くなるほど、保険料は高くなります。

一般的に保険期間が満了した場合には、更新時の年齢で保険料が再計算され更新を行うことが可能ですが、保険料が高くなるのが一般的です。
また、保険金の受取人については、保険の契約後に変更する事が可能です。


【定期保険の種類】

定期保険の種類には、

・平準定期保険
・逓減定期保険
・逓増定期保険
・生存給付金付定期保険
・収入保障保険

などがあります。

・平準定期保険
平準定期保険は、加入してから保障期間が満了するまで保険金額が一定のタイプの定期保険です。

平準定期保険は、加入する時に

・いつまでその保障が必要なのか(保障期間)
・どれくらいの保障が必要なのか(保障額)

が、どれくらい必要かをしっかりと検討して決めておく必要があります。
しっかりと検討しておかないと、必要以上の保障額を掛けたり、必要以上に長い期間保障を付けてしまったりした場合には、不用に保険料を支払う事になります。また、逆に保障額が足りなかったり、保障期間が短すぎた場合には、保障が必要になった場合に保障額が足りなかったり、保障が切れている可能性があります。この為、平準定期保険だけに限りませんが、しっかりと検討して加入する必要があります。

次に、必要な保障額と保障期間が決まったら、契約形式を
・全期型
・更新型
にするかを決める必要があります。

もし、20年間の保障が必要な場合に
全期型の場合は、必要な保障期間である20年間の契約で保険に加入します。
更新型の場合には、10年後に更新を行い、さらに10年間保険を契約し、必要な保障期間である20年間保険に加入します。


・全期型のメリット・デメリット
・更新型に比べて、総支払いの保険料は安くなります。
・更新型に比べ、毎月の保険料が高くなります。
・更新が無いので、途中で保険料が変わる事が無い。

・更新型のメリット・デメリット
・全期型に比べ、毎月の支払う保険料は安くなります。
・全期型に比べ、総支払いの保険料が高くなります。
・更新時に更新時の年齢で保険料が再計算される為、保険料が高くなります。


このように、全期型と更新型について違いがあります。
どちらがあなたに合っているか、毎月の保険料の支払額と保険料の総支払額を全期型、更新型のそれぞれの金額を見比べて、よく検討してから加入しましょう。



・逓減定期保険
逓減定期保険は、年々受け取れる保険金が減っていくタイプの定期保険です。平準定期保険と比べた場合に、受け取れる保険金額が年々減っていく為、支払う保険料は安くなります。

逓減定期保険に加入する場合には、子供が生まれた時に加入すると良いでしょう。なぜなら、保険は、もし一家の大黒柱が亡くなった場合の保障です。子供が生まれた時は、小学校進学、中学校進学、高校進学、大学進学と多くの教育費用や子供の生活費用が必要になります。この子供の年齢によって、準備しておく保障額は、子供の成長と共に減っていきます。

つまり、子供が生まれた時は、小学校進学、中学校進学、高校進学、大学進学が必要です。
子供が大学生になった場合には、大学を卒業するまでの費用で良いです。さらに、子供が独立した場合には、子供の為に必要なお金は基本的に無くなります。

このように、逓減定期保険は、子供のライフスタイルに合わせて加入するのに良い生命保険だと思います。



・逓増定期保険
逓増定期保険は、年々受け取れる保険金が増えていくタイプの定期保険です。平準定期保険と比べた場合に、受け取れる保険金額が年々増えていく為、支払う保険料は高くなります。

逓増定期保険は、将来のインフレを考慮して保険金を残す場合に適しています。生命保険で一家の大黒柱が亡くなった場合の生活費や教育費を準備する場合に、もしもの事があった時にインフレで生活費や教育費が高くなっていたら保険金が足りない可能性があります。

このようにインフレを考慮した場合に、最初から高い保険金で準備する方法もありますが、最初から高い保険金を準備するよりは、年々保険金が増えていくタイプの保険の方が保険料は安く抑えられます。



・生存給付金付定期保険
生存給付金付定期保険は、加入者が亡くなった場合には死亡保険金が受け取れます。また、加入者が亡くならずに一定期間がたつごとに生存給付金が祝金として受け取る事ができるタイプの定期保険です。

掛捨て型の平準定期保険と比較した場合には、生存給付金(祝金)が付いている為、保険料は高くなります。定期的にある程度の一時金が必要な場合に、一時金が受け取れるタイミングをお金が必要になる時期にあわせて加入する事が一般的です。

この生存給付金付定期保険は、生存給付金(祝金)が受け取れる事が特徴です。予定利率が高い時期であれば、保障と貯蓄を兼ねそろえた良い保険ですが、予定利率が低い時には、自分で運用し、平準定期保険に加入した方が良いのか、生存給付金(祝金)を受け取れるタイプの方が良いのか、実際にどれくらい利子がつくのか検討して加入する事をオススメします。



・収入保障保険
収入保障保険は、保険金の受け取り方が年金形式で受け取れるタイプです。もし、一家の大黒柱の夫が亡くなった場合に残された家族の生活費を確保する為の保険です。

収入保障保険の場合には、加入者が亡くなった場合に決められた期間に対して年金形式が保険金支払われます。この為、加入者が長生きした場合には、準備する必要がある保障額が減っていきますので保険料の負担も抑えられます。




あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年10月24日 11:54