色々な生命保険

個人年金保険について

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、個人年金保険とはどのような商品で有るのかについて説明しています。
また、この保障の利用の仕方に参考になる内容を説明しています。


【個人年金保険について】


個人年金保険とは、保険の契約時に決めた年齢から一定期間の金額を年金形式で受け取る事ができる生命保険です。最近では、公的年金だけでは不足する不安がある為、自分で老後の資金を確保する方法として人気があります。

個人年金保険は、他の生命保険とは違い、死亡保障機能は出来るだけ抑えられており、将来の生活資金を得る老後保障に重点を置いています。もし、年金の受取期間になる前に加入者が亡くなった場合には、払い込んだ保険料の相当額が保険金として受け取れます。

個人年金保険の保険料は、受け取れる年金額や年金の種類によって違ってきますが、予定利率によっても違ってきます。もし、予定利率が高い場合には支払う保険料は低くなり、予定利率が低い場合には、支払う保険料は高くなります。

また、個人年金保険は、運用状況によっても受け取れる金額が変わってきます。
個人年金保険の年金の受け取れるお金は、

・基礎年金
・増額年金
・増加年金

の3つに分けて考える事ができます。

基礎年金は、個人年金保険の加入時に決めた受け取れる年金部分で必ず受け取る事が出来る年金額です。
増額年金は、年金を受け取るまでの保険料を支払っている間の積立配当金により、買い増しされる年金部分です。この部分の金額は、運用実績に左右される部分で必ず受け取れるという保障はありませんが、運用が上手く行けば当初貰える年金額にプラスして貰える年金額です。
増加年金は、年金を受け取りだしてからの配当金により買い増しされる部分の年金です。運用が上手くいき配当金が多くなった場合には、貰える年金額がプラスされます。


【個人年金保険の年金額の受け取り方】

個人年金保険には、年金額の受け取り方に

・定額型
・逓増型
・前厚型

の3種類があります。

定額型は、受け取る年金額が毎年一定額です。

逓増型は、一定期間や毎年、受け取る年金額が増えていきます。ものにより、ある一定額まで年金額が増えたのち一定額になるものもあります。

前厚型は、年金を受け取りだした当初の数年間は、年金額が高くなっています。一定期間が終了した後は、一定の割合により減らした金額の年金を受け取る形式になります。



【個人年金保険の保険料の払い方】

個人年金保険の保険料の払い方には、

・年払
・半年払い
・月払い
・一時払い

などがあります。

年金の支給開始は、保険料が支払い完了した後と一定期間据え置いてから支給されるものがあります。一時払いを行った場合には、一般的には一定期間据え置いてから支給開始されるものが多いようです。



【個人年金保険の種類】

個人年金保険の種類は、

・終身年金
・保障期間付終身年金
・確定年金
・有期年金
・保障期間付有期年金
・夫婦年金

などがあります。


終身年金は、年金の支給が開始されてから、個人年金保険に加入している人が亡くなるまで年金が受け取れます。つまり、個人年金加入者が生きている限り、一生涯年金が受け取れます。しかし、加入者が死亡した時点で年金は受け取れなくなります。もし、早期に加入者が亡くなった場合には、支払った保険料に比べて、貰った年金額が少なくなる為、損をする事になります。

保障期間付終身年金は、終身年金と同じく、加入者が生きている限り年金が受け取れます。終身保険との違いは、年金を貰いだしてから10年間、15年間と貰える期間の保障が付いている点です。もし、この10年、15年などの保障期間中に加入者が亡くなった場合には、残された遺族が継続して、残りの保障期間の年金を受け取れます。また、遺族は、年金形式に貰う以外に残りの保障期間分の年金原資をまとめてもらう事も可能です。もし、加入者が早期に亡くなっても保障期間がある為、終身年金のように損をする事を防げます。

確定年金は、年金を貰いだしてから10年、15年と決まった期間のみ年金が貰えるタイプの年金です。決められた期間が経過すると年金は受け取れなくなります。もし、加入者が亡くなっても決められた期間は遺族が年金を受け取る事ができます。もし、加入者が亡くなった場合には、継続して年金形式で受け取る方法と、一時金で貰う方法があります。

有期年金は、年金を貰いだしてから10年、15年と決まった期間のみ年金が貰えます。加入者が亡くなった場合には、年金原資の金額から既に貰った年金額を差し引いた残りの金額を一時金として支払われるのが一般的です。

保障期間付有期年金は、年金が貰いだしてから10年、15年と決まった期間は、年金が貰えます。また、年金を貰える保障期間があり、保障期間中は、加入者が亡くなった場合でも遺族が年金形式か一括でお金が貰えます。年金が貰える期間は、15年とすると、保障期間は10年と年金が貰える期間より短く設定します。

夫婦年金は、夫婦2人で加入する個人年金保険で、夫婦のいずれかが生きている間年金が受け取れます。



【個人年金保険の年金額】

個人年金保険の年金額は、当初契約した年金額が基本になりますが、個人年金保険には、保険会社の運用実績により、予定利率が良い場合には、配当金がでる場合や積立利率の見直しなどを行う場合があります。また、外貨で運用するタイプの個人年金保険もあります。

予定利率が高い時期に、個人年金保険に加入すると、高い予定利率が保障されますので、貯蓄性が優れた、年金資金を準備するには良い商品になります。
もし、予定利率が低い時期に加入した場合には、保険会社の運用実績が良くなった時には、配当金として受け取る事ができます。

利率変動型の場合は、3年、5年ごとなど、決まった期間ごとに予定利率が見直されますので、金利が上昇した場合には、低い予定利率のままという訳ではありません。

このように、個人年金保険は、保険会社の運用が順調な場合には、貰える年金額が増える事があります。しかし、老後の資金計画を立てる場合には、このように増えるかもしれないという不確実な部分は、考えずに、保障されている必ず貰える年金額で老後資金の計画を立てましょう。




あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年10月25日 14:09