生命保険の見直しのタイミング

共働きの夫婦が結婚した時の生命保険の見直しのポイント

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、結婚した時の生命保険の見直しの中でも、特に共働きである夫婦の場合について見て行きたいと思います。


共働きの夫婦が結婚した時の生命保険の見直しのポイント


結婚をした人の場合の生命保険の見直しのポイントは、前のページで紹介していますが、結婚した場合でも、夫婦が共働きの家庭もあれば、専業主婦(夫)になる場合もあると思います。


このように、共働きと専業主婦(夫)の場合では、結婚した場合の生命保険の見直しを行なう時に必要となる生命保険にも違いがでてきますので、ここでは、結婚した夫婦が共働きである場合について、どのような点を考慮して生命保険の見直しを行なっていけば良いかについて見て行きたいと思います。



共働きの夫婦の場合の生命保険の見直しの特徴


結婚をして、共働きである夫婦の場合の特徴としては、当たり前ですが、夫婦の両方が収入を得ているという点になります。
これは、生命保険の見直しを行なう場合に、大きな考慮点となります。


なぜかと言いますと、生命保険は、そもそも、もしもケガや病気、又は、死亡した時の備えの為に準備しておく保障ですので、共働きの場合には、夫婦がそれぞれ、収入を得ている為に、専業主婦(夫)の家庭と比べると、生命保険で必要となるお金の金額が少なくて済みます。


このような点が結婚をして共働きの夫婦の場合の特徴になります。



夫婦が共働きの場合の生命保険の見直し


夫婦が共働きの場合の生命保険の見直しを行なう場合には、基本的に、結婚前に加入していた生命保険がある場合には、結婚前の生命保険でも問題が無いかもしれません。


ただし、共働きだからといって、生命保険の見直しが不要という訳ではありません。
生命保険の契約内容や保障内容の変更が必要であるかの確認は必要になります。


ここからは、共働きである夫婦の場合の生命保険の見直しのポイントを紹介しておきたいと思います。
単純に生命保険と言っても、主だった生命保険だけでも色々な保障の生命保険が存在しますが、ここでは、
 ・医療保険
 ・死亡保険
について見て行きたいと思います。



共働きの夫婦の医療保険の見直しのポイント


夫婦が共働きである場合に、一番、重要となる生命保険は、ケガや病気などで長期の入院をする事になった場合の医療保険です。


長期の入院が必要になった場合には、夫、又は、妻のどちらかが入院した場合には、片方の収入に頼る事になりますが、このような場合でも、医療保険に加入していない場合には、医療費の支払いが大変になる可能性がでてきます。



もちろん、十分な貯蓄があれば問題ありませんが、それでも、医療費を長期間に渡り支払うのは大変な事になりますので、最低限の医療保険は加入しておくと安心できると思います。


ただし、医療費については、健康保険などの公的な保険制度に加入していると思いますので、入院にかかる費用を全額、自己負担する訳ではありませんので、最低限の医療保障を医療保険で準備しておくようにして、保険料を低く押さえて、今後の生活の為の貯蓄に回すと良いでしょう。



もしもの時に、多くのお金が貰える医療保険に加入していると、病気やケガをした場合に安心ですが、保険料も高くなりますので、最低限かある程度の保障を医療保険で行い、生命保険に加入するのと同時に、貯蓄も行い、医療保険でまかなえない医療費を預貯金などの貯蓄から支払うのが現実的であると思います。




共働きの夫婦の死亡保険の見直しのポイント


夫婦が共働きである場合には、もしも、夫婦のどちらかが死亡したからと言って、生活が出来なくなると言うことは無いと思います。


もしも、夫婦のどちらかが死亡した場合には、死亡した以後の生活が困難になる場合には、専業主婦(夫)の家庭と同じように、生活が困難にならないぐらいの保障として、死亡保険で十分な保険金が貰えるようにしておく必要があります。



ただし、多くの共働きの夫婦の場合には、夫婦がどちらとも、収入を得ている為に、夫婦のどちらかが亡くなったからと言って、今までのような生活は困難かもしれませんが、生活ができなくなる事は無いと思います。


このような場合には、夫婦がそれぞれ、高額な死亡保険に加入する必要はありません。
夫婦のどちらかが死亡した場合に必要となるのは、葬儀費用ぐらいですので、死亡保険に加入する場合でも葬儀費用の金額である300万円〜500万円を保険金で準備できれば十分になります。



さらに、預貯金などの貯蓄で、葬儀費用の300万円〜500万円がまかなえるような場合には、死亡保険に加入する必要も無くなるという訳です。

*注1)
 ここで説明している葬儀費用の金額である300万円〜500万円とは、
 一般的に葬儀費用にかかる費用と言われている金額を提示しています。
 葬儀費用は、実際に各地域によっても違いがありますので、あなたが必要
 と思われる金額を準備できれば問題ないと思います。



基本的に、死亡保険で最低限必要となるのは、葬儀費用になりますが、家庭によっては、自動車のローンや家電のローンなどのローンがある場合があると思います。
このような場合には、夫婦のそれぞれが亡くなった場合に、ローンの返済が困難になると思われる金額についても、死亡保険で準備しておくと良いでしょう。



共働きの夫婦の場合の死亡保険で必要となる保険金の金額は、もしも、夫、又は、妻が亡くなってからの生活に困らなくなる為の金額を設定する必要があります。







【共働きの夫婦が結婚した時の生命保険の見直しのポイント】

・まずは、もしもの時の病気やケガの出費に備える医療保険が重要ですが、
 医療保険では最低限かある程度の保障を準備して、病気やケガの場合には、
 預貯金と医療保険の2つで備えるようにしましょう。
・死亡保険は、葬儀費用がまかなえる十分な貯蓄があれば不要ですが、
 夫、又は、妻が死亡した場合に、金銭面で生活に困る事がある場合には、
 生活に困らないだけの保障を死亡保険で準備しておきましょう。







あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2008年01月16日 12:07