生命保険の見直しのタイミング

共働きの夫婦が住宅を購入した時の生命保険の見直しのポイント

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、共働きの夫婦が住宅を購入した時にどのような生命保険の見直しを行なえば良いのかについて見ていきたいと思います。


共働きの夫婦が住宅を購入した時の生命保険の見直しのポイント


ここでは、夫婦が共働きである家庭が、住宅ローンで住宅を購入した場合の生命保険の見直しのポイントについて見て行きたいと思います。


住宅を購入して、住宅ローンを返済している夫婦の場合に関係してくる生命保険とは、
 ・団体信用生命保険
 ・死亡保険
 ・医療保険
の3つになるのではないでしょうか。
ここでは、住宅を購入して、住宅ローンの返済をしていく夫婦の、上記の3つ生命保険のポイントについて見ていきたいと思います。



共働きの夫婦が住宅を購入した時の団体信用生命保険の見直しのポイント


ここでは、共働きの夫婦の場合の団体信用生命保険について見ていきたいと思います。
団体信用生命保険とは、あまり聞かない名前の生命保険だと思いますが、多くの人が住宅を購入して、住宅ローンを組む場合に加入している生命保険です。


団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が死亡した場合には、残りの住宅ローンの残額の返済を団体信用生命保険が行ない、住宅を購入した家庭は、住宅ローンの返済を行なわなくてよくなる生命保険です。



団体信用生命保険は、このように、住宅購入者を守る為にある生命保険と言って良いのではないでしょうか。この為、ほとんどの人の場合は、住宅ローンを組む場合には、この団体信用生命保険に加入する事になります。


ただし、共働きである夫婦の場合には、この団体信用生命保険に加入する場合にも注意が必要になります。
共働きである夫婦の場合には、専業主婦の家庭とは違って、夫と妻の両方の収入で住宅ローンの返済を行なって行く事になると思います。



専業主婦である夫婦の場合には、働いている夫が団体信用生命保険に加入すれば、働いていて収入を得ている夫が死亡した場合には、団体信用生命保険から住宅ローンが支払われて住宅ローンを完済できます。


しかし、共働きである夫婦が専業主婦の夫婦と同じように夫のみが団体信用生命保険に加入していると、共働きの妻が死亡した場合には、妻の収入が無くなり、家計を圧迫する事になり、しかも、団体信用生命保険の適応を受けれない事になりますので、大変なことになります。



この為、共働きである夫婦の場合には、夫と妻が別々い団体信用生命保険に加入しておく必要があります。
この為、住宅ローンを組む場合に、夫と妻が別々に住宅ローンを組んで、それぞれが団体信用生命保険に加入する必要があります。


この時の注意点は、住宅ローンの返済を行なう金額に対する、夫と妻のそれぞれの収入の貢献度に応じて、住宅ローンを組んでおく必要があります。
このように、夫婦の収入の貢献度を考慮しておかないと、夫、妻のどちらかが死亡した場合に、残された家族の住宅ローンの返済が困難になる可能性も出てきますので、夫婦の収入の貢献度を元に、夫が負担する住宅ローン額、妻が負担んする住宅ローン額を設定するようにしましょう。



なお、このように、夫婦が1つの住宅を購入して、夫と妻が別々に住宅ローンを負担して、それぞれが団体信用生命保険に加入する場合には、例えば、夫が死亡した場合には、夫の住宅ローンの返済が団体信用生命保険から行なわれ、住宅ローンが完済しますが、妻の住宅ローンは、引き続き返済していく必要があります。




共働きの夫婦が住宅を購入した時の死亡保険の見直しのポイント


ここからは、共働きの夫婦が住宅を購入した時の死亡保険の見直しのポイントについて見ていきたいと思います。


共働きの夫婦の場合でも、団体信用生命保険に加入する事ができた場合には、死亡保険で住宅ローンの事を考えないでよくなりますので、住宅ローンに関しての心配はなくなります。



ただし、団体信用生命保険に加入していない場合には、生命保険の死亡保険で、もしもの時の為に、住宅ローンの返済に対する夫婦の収入の貢献度に応じた額の保険金を夫、妻にかけておく必要があります。


ただし、団体信用生命保険に加入している場合には、今までの死亡保険の保険金が高額な保険金をかけている場合には、保険料も高くなっていると思いますので、住宅ローンで家計が大変な場合には、死亡保険の保障額を下げて、支払っている保険料を下げる事も検討されると良いでしょう。




共働きの夫婦が住宅を購入した時の医療保険の見直しのポイント


共働きの夫婦が住宅を購入した時の医療保険の見直しのポイントは、夫が入院した場合には、夫の医療費が必要になり、また、夫の収入が途絶える可能性もあります。
また、妻が入院した場合には、妻の医療費が必要になり、妻の収入が途絶える可能性があります。


このように夫か妻が入院した場合に、住宅ローンの返済を行ないながら、医療費の支払いを行う事は、家計を圧迫する事になりますので、夫婦ともに、今までと比べると少し多めの保障額の医療保険にしておく方が、もしもの時に安心です。



もちろん、夫、又は、妻のどちらかが入院しても、住宅ローンの返済に困ることが無い場合には、医療保険の保障額は、今まで通りでも問題はないと思います。







【共働きの夫婦が住宅を購入した時の生命保険の見直しのポイント】

・団体信用生命保険は、家計や住宅ローンに対する夫婦の収入の貢献度を考慮して、
 夫婦が共に団体信用生命保険に加入するのがリスクが減らせます。
・共働きの場合には、夫婦のそれぞれの収入が家計にどれくらい貢献しているかが
 死亡保険、医療保険の保障額を決める時にも参考になります。







あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2008年06月10日 06:18