生命保険の見直しのタイミング

子供が独立した時の夫婦の生命保険の見直しのポイント

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、子供が独立した時の夫婦がどのような生命保険の見直しを行なえば良いのかについて見ていきたいと思います。


子供が独立した時の夫婦の生命保険の見直しのポイント


ここでは、子供が独立した時の夫婦の生命保険の見直しについて見て行きたいと思います。ここで言う、子供が独立した時とは、子供が全員独立した時の事を言っています。


子供が全て独立した場合には、今までに、子供の為に加入していた生命保険の必要性がなくなります。この為、後は、夫婦の事を考えて生命保険に加入すれば良いので、生命保険もシンプルに出来るようになります。



また、子供の事を考えなくて良くなりますので、お金に余裕が出てくると思いますので、今度は、夫婦の老後に備えて、生命保険の見直しを行ない、また、老後の資金作りも考えておくと良いでしょう。


では、ここでは、子供が全て独立した夫婦の生命保険として、
 ・死亡保険
 ・医療保険
 ・老後の生活費の生命保険
の3つを見ていきたいと思います。



子供が全て独立した場合の死亡保険の見直しのポイント


子供が全て独立した場合の死亡保険の見直しのポイントは、子供の保障が入らなくなると言う点です。


この為、今までは、子供の教育費や生活費を考えて、死亡保険に加入していたので、比較的高い保障額の死亡保険に加入していたので、保険料が高くなっていたと思いますが、今後は、保険料を下げる事が可能となります。
つまり、死亡保険の保障額の減額を行なうと良いでしょう。



この為、子供が全て独立した以後の死亡保険は、夫が働いて、妻が専業主婦である家庭の場合には、夫にもしもの事があった場合に、妻の生活が困りますので、妻の生活費を夫の死亡保険でまかなう程度でよくなります。


上記以外には、夫、妻のそれぞれの自分の葬儀費用を終身で準備しておけば良いでしょう。葬儀費用は、各地域によっても違いがあると思いますが、一般的に言われている費用で、300万円〜500万円程度、必要となるようです。




子供が全て独立した場合の医療保険の見直しのポイント


子供が全て独立した場合の夫婦の医療保険については、今後は、老後を見越した医療保険の準備が必要になります。
医療保険は、年齢がかさむほど必要になる生命保険です。
この為、医療保険は、老後に最も必要とする生命保険だといえます。


この為、子供が独立して、子供にお金がかからない場合には、終身型の医療保険などに切り替えて老後の生活も安心できるようにしましょう。
終身型の医療保険でない場合には、いつまで、医療保険の保障を受ける事ができるか確認しておき、老後の保障を確保するようにしましょう。


また、老後に備えて医療保険に加入する場合には、夫婦がそれぞれ別の医療保険に加入しておく必要があります。
これは、老後になると、夫婦のどちらが先に死亡するか分かりませんので、夫婦がそれぞれ保障を得れるようにしておきましょう。




子供が全て独立した場合の老後の生活費の生命保険の見直しのポイント


子供が独立した後は、老後の資金の準備を視野にいれておく必要があります。
もしも、定年退職の年齢が60歳で、公的年金が貰えるのが65歳からになっている場合には、定年後、再就職をしない場合には、65歳までは、預貯金を取り崩す事になります。


この為、老後に備えて、預貯金を十分に貯めておく事も大切になりますが、個人年金保険などを活用する方法もあります。
個人年金保険は、生命保険の保障とプラスして、契約した年齢から年金形式でお金が貰う事が出来る生命保険です。



この個人年金保険は、老後の公的年金から貰う年金額が少ない場合に、個人年金保険で、生活費を増やす事も出来ますし、または、60歳から65歳までの間の定年退職をしてから、公的年金がもらえるようになるまでの間のつなぎの年金として利用する事ができます。


このように、老後の生活を考えて、預貯金や資産運用などをしておいたり、個人年金保険などの生命保険を利用するなど、子供が独立した時点で、夫婦の老後の生活についても考えておく事をオススメします。








【子供が独立した時の夫婦の生命保険の見直しのポイント】

・子供が独立した場合には、後は、夫婦ふたりの事を考えた生命保険の見直し
 を行なう必要があります。
・子供が学校卒業後も就職しない場合には、まだ、子供の為の保障は
 残しておく必要があります。
・健康状態に問題がある場合には、生命保険を新規に加入しなおす事が
 出来ない場合があるので、既存の生命保険の契約を解約する前に、
 新規に生命保険に加入できるかを先に確認しておきましょう。







あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2008年09月18日 07:20