生命保険の契約時の注意点・知っておくこと

ここでは、死亡保障や医療保障に新たに加入する場合に、加入前に知っておいた方が良いと思われる点について、まとめて説明しています。契約前に、契約した後で後悔しない為にも、一度、確認しておいてはいかがでしょう。

生命保険の契約時の注意点

ここでは、死亡保障や医療保障に新たに加入しようとする場合に、どのような点に注意が必要か、また、契約前に確認しておくポイントについて説明しています。また、加入時には、あまり気にしないで決めている契約者・被契約者・受取人についても、死亡保障の場合には、後々、税金面で大きく変わってしまう場合がありますので、この点についてもここで説明しています。

生命保険の「免責事由」について

ここでは、免責事項についての説明を行なっています。この免責事項に該当する場合には、保険金が支払われないとようになってしまいますので、どのような事をすれば、また、どのような事がおこれば、この免責事項に該当するのかを、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

*ここで紹介している免責事項については、一般的な内容になっています。実際にはどのようになっているかは、各会社に契約を行なう前に確認しておきましょう。

生命保険の「告知義務違反」について

ここでは、死亡保障や医療保障の契約を行なう時に、確認が行なわれる告知義務についての違反があった場合である、告知義務違反について説明しています。どのような時に、告知義務違反になるのか。もし、告知に誤りがあった場合には、何年たてば、告知義務違反にならないのかについても説明しています。

*ここで説明している告知義務違反については、一般的な内容になっています。実際にはどのようになっているかは、各会社に契約を行なう前に確認しておきましょう。

生命保険の「クーリング・オフ」について

ここでは、クーリング・オフについて説明しています。生命保険にも、条件さえ合えば、クーリング・オフを行なう事が可能になっています。ここでは、このクーリング・オフがどのような時に行えるのか、いつからいつまで行なえるのか、どのような時に行えないのかについて説明しています。

*ここで説明しているクーリング・オフについては、一般的な内容になっています。実際にはどのようになっているかは、各会社に契約を行なう前に確認しておきましょう。

生命保険の「責任開始期」について

ここでは、契約した死亡保障や医療保障などがの保障をいつから受けられるかの責任開始期について説明しています。死亡保障や医療保障に加入する場合には、契約書に記入するだけでは保障を受ける事はできません。ここでは、どのような状態になった初めて保障を受ける事が出来るのかを説明しています。

この責任開始期になるまでは、保障が無い状態ですので、責任開始期になるまでは、病気やケガをしないように注意が必要です。

*ここで説明している責任開始期については、一般的な内容になっています。実際にはどのようになっているかは、各会社に契約を行なう前に確認しておきましょう。

健康状態に自信がない人の場合は、仮査定制度を利用

健康状態に自信が無い人の場合は、生命保険に加入できないかもしれません。
このような場合には、仮査定制度を利用するといいです。

健康状態に自信がない人の場合は、「仮査定制度」を利用

健康状態に自信が無い人の場合は、死亡保障や医療保障に加入できないかもしれません。
このように健康状態に自信が無い場合には、自分は加入できないと思い込み申し込みを行うのをちゅうちょしてしまう場合があります。このような人が利用すると良いのが仮査定制度という制度です。

*ここで説明している仮査定制度については、一般的な内容になっています。実際にはどのようになっているかは、各会社に契約を行なう前に確認しておきましょう。