生命保険の解約前に確認する事

生命保険の解約時の注意点

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、死亡保障や医療保障などの解約を行う時の注意点について説明しています。
今まで加入していた、死亡保障や医療保障を解約する場合には、いくつかの点を確認しておく必要がありますい。また、現在加入している、死亡保障や医療保障を解約して、新たに死亡保障や医療保障に加入する場合も確認しておく必要がある点があります。


また、死亡保障や医療保障の営業担当者に言われて解約を行い、新しい契約を行なう場合には、特に注意が必要です。これは、転換制度を利用して、今まで加入していた保障内容を利用して、新たに加入しなおす場合にも該当します。


全ての場合という訳ではありませんが、転換制度を利用しようと勧められた場合には、あなたの為の提案というよりも、営業担当者の営業の数字をあげたい為に行なう転換の場合がありますので注意が必要です。この点についても説明させて頂いています。


現在、加入している死亡保障や医療保障を解約する事によって、後々、後悔しないように、解約を実際に実行する前に、一度、目を通してみてはどうでしょうか。ここで紹介している情報があなたにとって、少しでもお役に立てると嬉しく思います。



【生命保険の解約時の注意点】

生命保険を解約する場合には、注意する点があります。

それは、
 ●解約する場合は、新しい生命保険の契約が成立してからにする
 ●予定利率の高い生命保険の解約はしない方が得です
 ●解約手続きは、本店、支店の窓口で行う
になります。

では、順番に説明して行きます。



【解約する場合は、新しい生命保険の契約が成立してからにする】

現在の生命保険を解約する場合には、新しい生命保険の契約が成立し、新しい生命保険の保障が適応になってからにする事をお勧めします。

なぜかと言いますと、

注意点が2点あります。


@新しい生命保険に加入できない場合がある

新しい生命保険に加入するつもりで手続きを進めていたが、過去の病気等が原因で新たに生命保険に加入できない場合があります。

このような場合に、もし、新しいに加入できると思い契約手続きをしている時に古い生命保険を解約してしまうと、新しい生命保険に加入できなかった場合に生命保険の保障が無くなってしまいます。
現在では、誰でも加入できる生命保険がありますが、このように誰でも入れる生命保険は、基本的に割高です。
この為、元々入っていた、古い生命保険にそのまま継続して加入していた方が良かったという場合があります。


A生命保険の保障が無い期間ができる

新しい生命保険に加入する手続き中に、早々に古い昔の生命保険を解約してしまうと、場合によっては、生命保険に加入していない期間が出来る場合があります。

この生命保険に加入していない期間にケガなどをしてしまうと、生命保険の保障が受けられません。


このような2点から、生命保険を別の生命保険に変える場合は、1ヶ月でも保険料を重複して支払う事をお勧めします。
1ヶ月間の保険料がもったいないと思うかもしれませんが、もしもの事を考えると安いものだと私は思います。



【予定利率の高い生命保険の解約はしない方が得です】

もし、あなたが解約しようとしている生命保険が、予定利率の高かった時代の生命保険であった場合は、予定利率が5%程ある場合があります。このような生命保険は、「お宝保険」と言われています。このような、高い利率がある生命保険は、解約すると損です。今のまま継続して加入しておく事で、多くの利息が得られるからです。

解約前に予定利率も確認しましょう。



【解約手続きは、本店、支店の窓口で行う】


生命保険の解約をする時に保険の営業担当者に頼みますか?

このように営業の人に解約をお願いすると、基本的に嫌がります。
もちろん、あなたが解約する事を思い止まるように説得してくるでしょう。
また、営業担当者としても解約をしたくないので順調に解約手続きが進む事はまれでしょう。

このような点を考えて、生命保険を解約する場合には、
本店や支店の窓口に行きましょう。

本店や支店の窓口に行って、解約手続きをするとスムーズに解約手続きをしてくれます。

これは、営業で生命保険の加入者を見つける人と事務作業で窓口対応をしている人の差です。

実際に、私も生命保険の解約をする時は支店の窓口に行きました。
スムーズに解約手続きを済ます事が出来ました。

しかし、1点だけ注意点があります。
しれは、生命保険会社の本店、支店の窓口に行くって解約手続きをする場合には、下記の物が必要になります。

・保険証書
・印鑑(生命保険の契約時に使ったもの)
・身分証明証
・振込先の口座の通帳(解約返戻金ある場合)

です。

あとは、窓口に行き、「解約します」と言い張れば解約できます。
保険会社は、解約させたくないので、解約しなように言ってくるかもしれませんが、「解約します」と言い張れば大丈夫です。
保険会社に負けないつもりで行ってください。




次は、「生命保険を解約する場合の確認点」





あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 01:46