現状の生命保険を利用した見直し方法

ここでは、あらたに新しい契約を行なうのではなく、現在、加入している契約内容の見直しを行い、契約内容の変更を行なう事で見直しを行なう方法を紹介しています。昔の予定利率が高かった時代の死亡保障などは、利率の点から解約するともったいない場合がありますので、まずは、加入中の契約内容を変更する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

現状の生命保険を利用した見直し方法

ここでは、新しく死亡保障や医療保障を契約するのではなく、現在、加入中の契約内容を変更して利用する方法での見直し方法を紹介しています。現在の契約内容を変更する方法でもいくつかの方法がありますので、現在の契約内容の条件がいい場合には、この現在の契約内容を変更する方法で見直しを考えてみてはいかがでしょうか。

現在の生命保険に追加契約する方法(追加契約)

ここでは、「追加契約」について紹介しています。
「追加契約」とは、現在契約している契約内容にさらに保障内容を追加して保障を付け加える方法になります。「追加契約」を利用する事で、現在加入している死亡保障や医療保障の保障内容を充実させる事ができますので、新しく加入しなおす必要が無いかもしれません。

現在、加入中の保障内容に対して、「追加契約」を利用する事が可能であるかは、各契約内容により違いがありますので、契約元に確認する必要があります。

現在の生命保険の保障内容を下げる方法(減額)

ここでは、「減額」という方法について説明しています。
「減額」を利用する事により、現在、加入中の契約内容の保障額を少なくする事が可能になります。もし、現在の契約内容が有利な場合で、保障額が高すぎると感じている人の場合には、ここで説明している「減額」を利用すると良いでしょう。

現在、加入中の保障内容に対して、「減額」を利用する事が可能であるかは、各契約内容により違いがありますので、契約元に確認する必要があります。

現在の生命保険の保障内容を手厚くする方法(中途増額)

ここでは、「中途増額」という方法について説明しています。
「中途増額」を利用する事により、現在、加入中の契約内容の保障額を高くする事が可能になります。もし、現在の契約内容が有利な場合で、保障額が低すぎると感じている人の場合には、ここで説明している「中途増額」を利用すると良いでしょう。

現在、加入中の保障内容に対して、「中途増額」を利用する事が可能であるかは、各契約内容により違いがありますので、契約元に確認する必要があります。

現在の生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

ここでは、「契約転換制度」という方法について説明しています。
「契約転換制度」を利用する事により、現在、加入中の契約内容を下取りに出す方法です。下取りに出すとは、今までの契約で貯蓄していた部分の金額を、新しく加入する死亡保障や医療保障に頭金として利用する方法です。

この「契約転換制度」を利用する事で、はじめに頭金として、ある程度の金額を納める事になるので、新たに契約した死亡保障や医療保障の毎月の掛け金の支払額を安くする事が出来ます。

現在、加入中の保障内容に対して、「契約転換制度」を利用する事が可能であるかは、各契約内容により違いがありますので、契約元に確認する必要があります。