生命保険の保険料が支払えなくなった場合

ここでは、保険料の支払いが困難になった場合についての対処が可能な方法について説明しています。 ここで説明している方法を知らない人の場合には、毎月の支払いが困難になった場合には、解約するしかないと思われるかも知れませんが、解約をしなくても保障を得る方法があります。

この方法を利用する事で、保障期間が短くなったり、保障額が少なくなったりしますが、ある程度の保障は維持できますので、解約する前にここで紹介している方法を検討してみてはいかがでしょうか。

ここで紹介している内容が、少しでも、あなたの見直し作業や解約作業などのお役に立てればと思います。

生命保険の保険料が支払えなくなった場合

ここでは、毎月の支払いが困難になったが、何かしらの保障は残しておきたいと思われている人にとって役に立つ情報を提供しています。

ただし、ここで紹介している方法を利用する為には、条件があります。
それは、今までに加入していた保障を解約した場合に解約返戻金という、今までの支払いで積み立てられていたお金がある事が前提になります。もし、あなたが現在、契約している保障内容に解約返戻金がある場合は、基本的に、ここで紹介している内容を利用する事が出来ますので参考にして頂ければと思います。

方法としては、
 ・最低限の保障額を確保する方法
 ・保障期間を維持する方法
の2つがあります。
つまり、保障額を優先する方法か、保障期間を保障する方法のどちらかを選ぶ事になります。

また、現在加入している保障内容にどれだけの解約返戻金としてお金が貯まっているかにより、保障額と期間がいつまでの期間か、どれくらいの金額かという範囲で利用が可能であるかの条件が決まります。

まずは、ここで、この2つの方法について理解をした後に、それぞれの詳しく説明しているページを参考にして頂ければと思います。

現在の生命保険を利用して最低限の保障を確保する(払済保険)

ここでは、毎月の支払いが困難になったけれども、保障内容の条件を下げてでも保障だけは維持したいと思われている人に役に立つ情報だと思います。

ここで紹介している方法を使う事により、毎月の支払いを行わなくても、ある程度の保障を維持する事ができます。しかし、今までに加入していた死亡保障などに、ある程度の貯蓄がある必要があります。また、ここでは、この制度を利用する事によるメリットとデメリットについても説明していますので、この制度を利用しようと思われる方は、参考にして頂ければと思います。

*ここで説明している内容は、一般的な内容になりますので、詳細の細かな点については、各社によって違いがあるかも知れませんので、詳細につきましては、現在、契約している契約先に確認するようにしてください。

現在の生命保険を利用して保障内容を維持する(延長保険)

ここでは、毎月の支払いが困難になったけれども、保障期間の期間を短くしてでも保障だけは維持したいと思われている人に役に立つ情報だと思います。

ここで紹介している方法を使う事により、毎月の支払いを行わなくても、ある程度の保障を維持する事ができます。しかし、今までに加入していた死亡保障などに、ある程度の貯蓄がある必要があります。また、ここでは、この制度を利用する事によるメリットとデメリットについても説明していますので、この制度を利用しようと思われる方は、参考にして頂ければと思います。

*ここで説明している内容は、一般的な内容になりますので、詳細の細かな点については、各社によって違いがあるかも知れませんので、詳細につきましては、現在、契約している契約先に確認するようにしてください。