生命保険の保険料を安くする方法

生命保険の一時払いの注意点

[PR]
保険の相談・比較に興味がありますか?
そんな、あなたには、保険相談・比較のオススメのランキングがオススメ
⇒⇒⇒こちら

気になる保険の保険料がスグに分かります
カンタン保険料シミュレーション
そのままスグ資料請求
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!(複数の保険の比較も可)





スポンサーリンク


ここでは、支払い方法の一つである、一時払いについての注意点について説明しています。一時払いは、保険料を安くおさえるためには、支払い方法の中でもオススメできる方法のひとつでになります。しかし、この一時払いを利用する場合には、注意しておく必要がある点があります。

この注意すべき点をよく理解してから一時払いを利用しないと、結果的には、総支払額が一番高くなってしまう場合もあります。この為、一時払いを利用する場合には、ここで説明している内容を参考にして頂いて、損をする事が無いように、損をする可能性を理解したうえで、一時払いを利用して頂ければと思います。


【一時払いの注意点】



一時払いを行った場合は、生命保険の保険料は一番安くなります。
しかし、死亡保険などで、契約が満了する前に被保険者が死亡した場合には、まとめて支払った保険料は戻ってきません。


分かりやすいように
・一時払い
・前納
の場合をそれぞれ、例を出して説明します。
なお、下記の例の保険料、保険内容は適当です。



【例題の条件】
・20年払込みの死亡保険に加入
・死亡時の保険金1000万円
・保険契約開始後10年が経過

上記の条件で、「一時払い」と「前納」の場合を見比べます。

例1)一時払いの場合
一時払いで支払った生命保険料は、800万円だとします。
・保険契約してから10年後に被保険者が亡くなったとします。

この場合に一時払いを選択していた場合には、
死亡保険金の1000万円が受け取れます。


例2)前納の場合
前納で、15年分の生命保険料を600万円支払ったとします。
・保険契約してから10年後に被保険者が亡くなったとします。

このような場合、もちろん一時払いと同様に死亡保険金の1000万円はもらえます。
しかし、前納の場合には、5年分の生命保険料を前もって支払っています。この5年分の保険料も返還されます。


このように、一時払いを選択する事で、生命保険の保険料の総支払額は安くできますが、支払った保険料は帰ってきません。前納の場合には、まだ、経過していない年数分の生命保険料は返還されます。

この点が、一時払いを利用する場合の注意点になります。





では、次からそれぞれの方法について詳しく説明していきます。
「保険料の支払いは、口座振替?現金払い?」



あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!

スポンサーリンク



生命保険の見直しで、お悩みのあなたに・・・



◆生命保険の見直しをしたいが、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

そんなあなたにオススメなのが、生命保険の見直しのプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがオススメです。
しかし、プロに生命保険の見直しを相談すると、生命保険に加入しないといけなくなってしまう。。。
そんな不安を抱えている人が多いようです。

そのように不安に思う人の為に、無理な勧誘などはしない、もしも、相談相手のファイナンシャルプランナー(FP)が気に入らない場合は、ホームページからや電話で連絡をすれば、担当者を変えてもらえるシステムを設けているところも多いです。

保険の見直しを行えば、百万円単位での節約が出来ている人も数多くいます。 まずは、気楽に保険のプロに相談して、無駄な出費を抑えましょう。

下記の一覧では、特に人気の保険相談を行っているサイトを紹介しています。
利用者にも人気が高く、好評価を得ているサイトを集めていますので、参考にして頂けるかと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位 保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!          詳細画像
保険マンモスの画像 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 当サイト運営者の「保険マンモス」特徴紹介ページ


⇒ ⇒ ⇒ 生命保険の相談・比較ランキング


スポンサーリンク

2006年08月16日 01:42