団体信用生命保険

団体信用生命保険は、家やマンションを購入する場合に、必ずと言って良いほどでてくるものです。 ほとんどの住宅ローンは、加入を必須にしている事が多い商品になります。また、住宅ローンを借りる時に、まれに任意加入の場合がありますが、基本的には、もし一家の大黒柱が亡くなった場合を考えて、任意加入である場合でも加入するようにする事をオススメします。

それは、もし、一家の大黒柱である夫にもしもの事があった場合に、住宅ローンの支払いが出来なくなり、家やマンションを売却する事になる可能性がある為です。この為、家を購入する時には、必ず加入しておく事をオススメします。

団体信用生命保険について

ここでは、住宅ローンを借りる時に必ずと言っていいほど出てくる保障について説明しています。
基本的には、住宅ローンを借りる時には、必須条件になっていますので、もし、家やマンションを住宅ローンを利用して購入しようと検討している人は、ここで説明している内容を参考にして頂ければと思います。



【団体信用生命保険について】


団体信用生命保険とは、住宅ローンを返済している期間に金融機関から住宅ローンを借りている人が死亡や重度の障害になった場合に残りの住宅ローンの返済をしなくてよくなる生命保険です。残りの住宅ローンでの借り入れ金は、金融機関に支払われます。


これは、一家の大黒柱である夫や妻にもしもの事があっても住宅を維持する事が可能にする為に儲けられている保障です。この保障は、ほとんどの住宅ローンでは、加入が必須の条件になっています、
一部、加入しなくてもよう住宅ローンも出ているようです。


掛け金は、ほとんどの場合は、住宅ローンの金利の中に含まれる為、別に掛け金を支払う必要はありません。掛け金の額は、住宅ローンで借りている金額や返済期間で違ってきます。また、住宅ローンの返済をしていき、残りの返済額が減る事で、掛け金の額は少なくなっていきます。


団体信用生命保険に加入する為には、住宅ローンを組む人で、健康状態を告知すれば加入できます。
ただし、加入者の健康状態によっては、加入できない場合もあります。


また、この保障に加入できるのは、住宅ローンを借りる時になります。つまり、住宅ローンを最初に組んだ時に加入する事になります。住宅ローンの返済している途中から加入する事はできません。ただし、途中でやめることは可能ですが、一度、やめて再度加入する事はできません。


年齢による加入条件は、70歳未満の人で、保障期間は80歳の誕生日までです。もし、父親が高齢な場合には、子供の名義で住宅ローンを借り、子供名義で加入すると良いでしょう。


実際に販売されている商品としては、

太陽生命では、「介護保障特約付団体信用生命保険」という形で介護保障が付いたものや
AIGエジソン生命では、「AIGエジソンの団体信用就業不能保障保険」という形の商品もあります。AIGスター生命の場合には、リビング・ニーズの特約が付いたものもあります。

このように、各社によって、特色や差別化を行い、色々な商品として販売されていますので、加入する時には、色々と検討されると良いと思います。

また、このように、各社により、色々な特色がりますので、現在加入している、死亡保障、医療保障の保障内容と住宅ローンのために加入したこの保障の保障内容がダブらないようにだけ注意してくささい。医療保障に介護保障が一緒になっているのに、この保障でさらに介護保障が付いた商品を選択するのは、もたちない話です。

もし、住宅ローンの保障に加入する商品を優先して、介護保障が付いたものに加入する場合には、医療保障を見直してみても良いかもしれません。


住宅ローンの借りる先の金融機関によっては、まれに任意加入の場合もあります。任意加入で、自分で加入したいと思われている方は、一度、住宅ローンを借りる金融機関に相談してみるのも良いでしょう。