オリックス生命保険

オリックス生命保険

ここでは、色々な保障内容の設定は必要が無い人にお勧めのシミュレーションが出来るホームページを紹介します。簡単が一番だと言う方に向いていると思います。

 

 

 

 


 

【オリックス生命で簡単シミュレーション】

 

 

ここで紹介している、オリックス生命のシミュレーションは、本当に簡単です。
色々と設定を変更できないので物足りない人もいるかもしれませんが、とりあえずシミュレーションをして、どれくらいの保険料になるか知りたい人にお勧めです。

 

 

また、色々と保障内容や保障額を細かく条件を変更すると、難しそうで分かりにくいと感じられている人には、オススメ出来ると思います。本当に簡単にシミュレーションを行なう事が出来ますので、試してみてください。

 

 

オリックス生命では、必要な保障金額のシミュレーションというサービスがあり、このサービスを利用する事により、あなたに、もしもの事があり死亡した場合に、死亡保障で準備しておくべき金額を計算する事ができます。また、この必要保障額を算出する為に入力する必要がある情報もきわめてシンプルになっています。

 

また、ここで算出した保障金額の根拠となる数値、金額を「算出根拠の詳細説明」という形で説明してくれているのが嬉しいです。なぜ、この様な保障額になるのかの根拠が分かると、シミュレーションで出てきた保障額を見ても安心する事が出来ると思います。

 


 

ここで紹介しているシミュレーションは、本当に凄く簡単な入力で出来るシミュレーションなので
簡単な入力で定期保険の確認をする事ができます。

 

シミュレーション方法は、下記の2つの方法で出来るようになっています。

 

 ・必要な保障金額のシミュレーション
 ・保険料試算

 


 

必要な保障金額のシミュレーションでは、
 ・必要保障額の算出
を行なう事ができます。
必要保障額の算出では、配偶者が居るかそうか、年齢などの質問に答えていくだけで、あなたにもしもの事があった場合に準備しておく必要がある保障額を知る事ができます。

 

 

保険料試算では、
 ・年齢
 ・性別
 ・保障期間
 ・保障金額(口数)
を入力するだけで、この4つの条件に合った、毎月の掛け金を知る事が出来ます。

 

 

オリックス生命
のサイトへ行き
  ↓
画面の下のほうに
必要保障額シミュレーション
という個所がありますので、

 

ここをクリックして、シミュレーション画面に行きます。

 

  ↓↓↓↓↓

 

次の画面で、下記のステップに従って入力を行って行きます。

 

<ステップ1>
 の「必要保障額を試算する」をクリックすると
 「シミュレーション画面」が表れますので、入力していきます。

 

 すると
 「あなたの必要保障額が表示されます。」

 

 ・生命保険で保障額を準備する必要が無い場合
   → 0円になり、終了です。

 

 ・生命保険で保障額を準備する必要がある場合
   → 「あなたに万一の場合 必要な保障額」が「○○万円」と表示されます。

 

       ↓↓↓↓

 

      この場合は、 
     「上記結果から保険料試算を行う 」をクリックすると、ステップ2の
     「保険料試算」画面が表れます。

 

 

<ステップ2>
保険料を試算する

 

 必要項目を入力し、「試算する」ボタンをクリックします。
 すると、保険料が表示されます。

 

 せっかく保険料を試算したので、画面の下部にある「資料請求」をクリックして
 ステップ3の資料請求を行っておきましょう。

 

 

<ステップ3>
 ステップ3では、ステップ1、ステップ2で行ってきた結果を元に
 「資料請求」、「申込予約」が行えます。
 それぞれの画面へ行き、必要項目を記入して、
  ・資料請求
  ・申込予約
 を行いましょう。

 




 

このように、オリックス生命のシミュレーションは、簡単に行う事が出来ます。
もし、自分にピッタリだと思われた場合は、インターネットからも申込予約が出来ますので、申込予約をしておきましょう。また、すぐに加入する事は考えられない人でも、参考になるようでしたら、資料でも請求しておきましょう。

 

 

オリックス生命の死亡保障に加入するかどうかは別としても、どのような生命保険があるかを知る事は、いい勉強になります。まずは、ピンと来なくても、資料を取り寄せておき、他社の保障内容、保障額などと見比べるとあなたに合った生命保険選びに役に立つと思います。

 

 

生命保険の加入、見直しは、まずは、情報収集から始めてみてはどうでしょう。

 

オリックス生命


 

では、次は、
「アメリカンホーム・ダイレクト」